TOP>ニュース > 猫の脱走防止専門店を一人で立ち上げた人に話を聞いた。

  • ニュース

猫の脱走防止専門店を一人で立ち上げた人に話を聞いた。

猫の脱走防止専門店を一人で立ち上げた人に話を聞いた。

もし愛猫が家から脱走してしまったら?——

想像するだけで不安とパニックに襲われてしまいますよね。

ウチの子は大丈夫と思っていても、絶対に逃げないとは言い切れないのも事実。

そんな時、どうすればいいのか?


筆者の愛猫もベランダに出たがるタイプ

今回、愛猫の脱走をきっかけに猫の脱走防止専門店『ねこ工房』をたった一人で立ち上げた長谷川さんに脱走の対策法、話題の脱走防止アイテムについてお聞きしました。

–専門店を立ち上げたきっかけから教えて下さい

「2013年に家族になった愛猫らずりがきっかけです。ある日、母が洗濯物を干しにベランダへ出ると、当時生後6カ月で身体も小さかったらずりが一緒に出てしまい、捕まえようとしたら、2階のベランダからぴょーんと飛び降りて何処かへ」


左が女の子のらずりちゃん。右はひじきくん

「その瞬間、頭が真っ白になり『もう二度と会えないのではないか?』という最悪の事態がよぎりました。どれぐらい捜索したのかも分からずパニックになり恐怖心でいっぱいだったことだけは今でもよく覚えています」

–その後、らずりちゃんは?

「幸い、家の近くで隠れているところを無事に保護することが出来ました。その日は一日中呆然としていて、無事に帰ってきた愛猫の顔をじっと見つめ、本当に良かったと思うことしか出来ませんでした」

「しかし、次の日になるとまた脱走の恐怖が蘇り、不安から何にも手に付かない。このまま何もしなければまた同じことが起こってしまうんじゃないか?そんな不安を解消すべく、その日から、ありとあらゆる脱走経路を塞ぎ、家族でルールも決め、最も危険な玄関は2階に脱走防止扉を置くようにしたんです」

–そして専門店のオープンへ?

「私はツイッターやYouTubeで毎日愛猫の写真や動画をアップしているのですが、それを見た方から脱走防止扉に関するいくつかの質問が届いたんです。自作できれば良いのですが、作れる自信や時間が無く困っている方も。そこで、うちで使っている脱走防止扉をお譲りしようと思ったのが専門店を開くことになったきっかけです」

愛猫らずりちゃんの脱走を機に2015年、たった一人で立ち上げた猫の脱走防止専門店「ねこ工房」。口コミやメディアでの紹介も増え、販売台数は3000台を超えたといいます。

「最初は梱包等を母に手伝ってもらいつつ、父に仕事を早期退職してもらい家族3人でせっせと作っていました。現在は10名前後の従業員で製作しています」(長谷川さん)

猫の脱走に悩む多くの方々を救うべく、一人で立ち上げた専門店は今や高い評価を受け、話題に!そんな「ねこ工房」のヒット商品が玄関に設置することで簡単に二重扉にできる「にゃんがーど」。

脱走防止扉「にゃんがーど」


ボルト数本取り付けるだけの簡単組み立て!

「にゃんがーど」親子とびらver.


扉が2枚の親子サイズも!

これらは突っ張りタイプのため、マンションなどの賃貸住まいでも壁・床・柱を傷付けることなく設置可能だとか。ドライバー1本で組み立てられるのも魅力!

お客さんとの思い出深いエピソードを聞くと、、、

「保護猫と先住猫の関係が悪く、仕方なく片方の猫ちゃんを一部屋に閉じ込めていたそうなのですが、『にゃんがーど』を廊下に設置する事でお互いの顔が見えるため、少しずつ距離を縮め関係が改善されてきたという報告がありました」


すごいニャ〜!

脱走はもちろん、仲の悪い猫同士を分けつつ快適な生活空間を生み出すこともできるスグレモノ!長谷川さん自身の体験から始まった脱走防止扉は多くの方に愛されています。

そんな長谷川さんに「専門店だからこそ知る、猫脱走の防止法」をお聞きしました。

「脱走の最も多い原因は人間によるもの。しかし、脱走が心配でたまらない私と同じぐらい、家族みんなが猫のことを想っているケースは実際のところ少ないんです。そのため、脱走しないように気を付けてとお願いしても、なかなか上手くいかないことも多々あります。気を付ける程度は人それぞれなので、やはり脱走できない環境を用意しておくという事が一番の対策になります」

改めて、愛猫との暮らしについて考えさせられるお言葉。

皆さんは愛猫が脱走したときのことを考えたことがあるでしょうか?考えたとしても、万全な対策を行っているでしょうか?

筆者も長谷川さんの言葉に猛省するばかり。

大切な家族が突然、姿を消してしまったら?改めてもう一度考える、いい機会になれば幸いです。

ねこ工房ツイッター
@daiii0622

ねこ工房HP
nekokobo.jp

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

たった1匹のサバイバル…無事に保護されたサビ子猫 (6.25)

  • ニュース

内容に大満足!本当に買ってよかった猫図鑑3選 (6.24)

  • ニュース

猫ってレム睡眠とノンレム睡眠、どっちの時間が長いの? (6.23)

  • ニュース

散歩中に子猫発見で焦るも…即座に見つかった飼い主候補に安堵 (6.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る