TOP>ニュース > 2匹目の猫を向かい入れる飼い主は、先住猫と新参猫の性格を読みとるべし。

  • ニュース

2匹目の猫を向かい入れる飼い主は、先住猫と新参猫の性格を読みとるべし。

2匹目の猫を向かい入れる飼い主は、先住猫と新参猫の性格を読みとるべし。

猫を1匹飼い始めると、2匹目が欲しくなるのは“猫の飼い主あるある”である。

その根拠はわからない。ただ、犬のように散歩が必要のない猫の場合、1匹飼うのも2匹飼うのもさほど飼い主への負担が増えない点や、「1匹だと遊び相手がおらず寂しいのでは?」という心理が働くのかもしれない。

しかし、猫はそんなに単純ではない。

「わがまま」「自由奔放」の代表動物とも言える“猫”は、猫同士の相性は大切で、合わないと家の中で戦争(ときに無視が続く冷戦の場合もあるが)が始まることがある

ただし、飼い主は「どのようなタイプが好みか?」猫から聞くことができない。

だからこそ、2匹目の猫を向かい入れる飼い主は、先住猫と新参猫の性格を読みとらなければならない。

先住猫

猫も性格があるので一丸に言うことはできないが、去勢していないオス猫や、野良猫出身の猫は縄張り意識が強いので、他の猫を嫌がる傾向がある。しかし、早い時期から去勢しているオス猫は、メス猫より新しい猫を受け入れやすいことも。先住猫の性格によっては2匹目を受け入れない猫もいるので、その場合は諦めることも必要。さもなければ、先住猫のストレスになってしまう。

 

新参猫

先住猫の性格を理解したうえで探さなければならない。もし、シェルターで新しい猫を探す場合は、兄弟や他の猫と一緒に暮らしている子猫のほうが、他の猫を受け入れやすい。先住猫が怖がりな場合は、ちょっとやんちゃな猫ぐらいが積極的にコミニケーションを取りに行くので合う。逆に活発な猫がいる場合は、おとなしめの猫のほうが合う。また、以前虐待を受けていた猫など心に傷がある猫は、1匹目に迎えるほうがよいだろう。

飼い主にとって2匹目の猫を迎えるのは「お見合いが成功するか否か」のような気持ちである。保護猫を受け入れるときは、団体によっては先住猫と相性をみるため「トライアル」期間を設けるところもある。猫にとって、遊び相手がいるのは生活を豊かにしてくれることもあるが、合わないとストレスになるので、その見極めは飼い主の使命なのだ。

多頭飼いがWin-Winになるように、飼い主は衝動飼いをするのではなく、性格を見ての判断が必要になる。

我が家は昔、飼っていた猫は2匹あまり仲がよくなかったが、現在の2匹はお見合い成功!

 

出張が多い我が家では、2匹で遊んでくれるので寂しさも少ないようだ。しかし、飼い主としてはそれもちょっと寂しいモノだが・・・。

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

  • ニュース

【猫クイズ】無毛の猫スフィンクスに「必要なお世話」って? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る