TOP>ニュース > 猫界のダイダラボッチは誰だ!伝説上、最大サイズの猫を追え【異形の猫】

  • ニュース

猫界のダイダラボッチは誰だ!伝説上、最大サイズの猫を追え【異形の猫】

異形の猫

ダイダラボッチという妖怪をご存じだろうか。

一言でいえば、滅茶苦茶にデカい妖怪である。この妖怪は琵琶湖や富士山を作った“国作り”の化身とされているのだが、とにかく普通の人間とは比べものにならないぐらい大きかったというわけだ。

さて、世界各地に巨人伝説は残されているが、似たような話に、巨大な獣についての伝説もある。

たとえば北欧神話では、ロキという悪神の子として、天を衝くまでに成長をする狼が登場する。アステカ神話においても、テペヨロトルなるジャガーの神が存在し、“山の心臓”と称されるほどの巨大な存在と目されている。

こうした具合に、巨大な存在というものは大昔から人々の想像力によって多数生み出されてきた。

今回はそうした中から、特に猫に焦点を当ててみようと思う。

そう。巨大猫伝説について掘り下げるのだ。

世界各地の巨大猫伝承

本来猫はとっても小さな動物だが、しばしば私たちの文明を紐解いていくと、巨大な猫が登場するエピソードは数多く存在していることに気づかされる。

日本において比較的有名なのが、江戸麻布の大猫伝説だ。

かつて江戸下屋敷に暮らしていた盲目の針治療の達人がいたが、この人物を襲って食べたとされるのが、件の大猫。
身の丈はおよそ1メートル。

あまり驚くほどの巨体ではないものの、その尻尾は例によって二股に分かれていたとされる。

また、江戸時代も終わりに近づいた1837年には、新潟県の魚沼地方に、足跡がお盆ほどもある巨大な猫が出たという話もある。そこまで足跡が大きいと、もはや熊ほどもある身の丈ということになる。

それから、以前もコラムで紹介したところであるが、ウェールズ伝承文学の『アーサー王伝説』に登場するキャスパリーグも、巨大な化け猫として知られている。

フランスでは、アーサー王はこの猫に倒されたという俗説も一時期持ち上がったことがあるそうなので、かなり凶暴な存在だったらしい。

やっぱり神話のスケールは別物…

とここまで化け猫成分強めの巨大猫を紹介してみたわけだが、やっぱり格の違いというか、スケールの差を見せつけてくれるのは、妖怪や怪物ではなく、神である。

猫の姿や属性を持った存在で一番サイズが大きいのは何か。これを考えたとき、やっぱり桁違いなのは、エジプト神話の太陽神ラーの子、バステトではないかと筆者は考える。

エジプトでは紀元前6000年頃から猫を飼育する文化が確立されていた。

今からざっと8000年も前のことだから、かなり遠い遠い昔のことだ。

それだけ古い時代から密に猫と触れ合ってきたためか、エジプト神話には猫の頭を持つ女神が登場する。それがバステトだ。

当初はライオンの頭だったようだが、いつしかその頭部は同じネコ科の猫にすり替わっている。バステトは、大いなる太陽神ラーの子、あるいは妹、あるいは妻と形容されており、ラーの命令によって地上で虐殺を行うことだってあるという。

恐ろしい側面を持つ神なのだ。

この時代の神話に登場する神というのは、とにかくスケールがデカい。

ラーが太陽の化身とされ、巨大にもほどがあるサイズと考えられていたため、その右目から生じたという説もあるバステトもまた巨体。彼女にしてみれば、人間など芥子粒ほどの小ささなのだ。

前述のフェンリルは、口を開くだけで上顎が空高くそびえ立ってしまったという。

バステトもまた、ダイダラボッチやフェンリルほどではなかったとしても、相当に巨大だったことは容易にうかがえる。

おわりに

そういえば2年ほど前の渋谷で、ハロウィンの時期に猫の被り物をしている女性を見かけた。

もしかすると、あの女性はバステトのコスプレをしていたのかもしれない……。

文/松本ミゾレ

イラスト/今井美保

東京生まれ。少女マンガ誌でデビュー後いくつかの連載を経て、妖怪マガジン「怪」(角川書店)の「第一回怪大賞・京極夏彦賞」を受賞、妖怪漫画の道へ。イラストや漫画をほそぼそと描きながら暮らしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

名誉市長に出世した元捨て猫のスタッブス (8.6)

  • ニュース

たっぷり笑って泣かせてくれる「トラとミケ」 (8.6)

  • ニュース

海外旅行でバンジージャンプ (8.6)

  • ニュース

あの〜猫さん…?隠れ上手?な犬猫17選 (8.6)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る