TOP>ニュース > 動物の顔が浮かび上がる呪われた樹木【異形の猫】

  • ニュース

動物の顔が浮かび上がる呪われた樹木【異形の猫】

異形の猫

突然変な話をするんだけど、我が家のお手洗いに取り付けられている木の板でできた棚に、沢蟹みたいな模様が浮かび上がっている。

見るたびに「沢蟹みたいだなぁ」と一人で納得してるんだけど、それを友達に見せても「よく分からない」と言われてしまう。

ロールシャッハテストみたく、見る人によって違う何かに見える模様ってだけの話なのかもしれない。

が、しばしばガチで「あ、これは!」と誰もが驚くほどしっかりとした“顔”が浮かび上がっている樹木についての話を聞く。

その顔は人間であったり、犬であったり、猫であったり。

一体どうしてそういう顔が浮かび上がってくるのか。ひょっとして、呪い……なのだろうか?

念がこもって顔を成した?

まずはじめに断っておくと、こういう話ってあくまでも一つのオカルトこぼれ話みたいな感覚で読んでもらいたい。筆者はオカルト大好き人間だけど、だからと言って本気でツチノコがいると信じてるわけでもないし、妖怪が実在するとも思っていない。

その上で紹介したい話がある。筆者の地元にあった保健所にまつわる話だ。

子供のころの夏場に、セミを捕りに右往左往しているうちにその施設の敷地内に樹木がいくつか植えられているのが目に入った。

アブラゼミの輪唱がそこから響いている。ゆっくりゆっくり近づくと、やっぱりセミの姿はそこかしこに。

で、そのまま網を振るおうとしたときに変なものを見つけてしまった。

たしか銀杏の木だったと思うんだけど、セミの止まっているその木の幹に、動物の顔が浮き上がっていたのだ。

もちろん、それは木のコブがたまたまそういう形に見えるだけだったはずなんだけど、嫌にリアルだったので、最初は人工物かと思ったほどである。

その動物の顔というのは、複数の哺乳類の特徴をぼんやり取り入れたような、掴みどころのない顔立ちをしていたのもおぼえている。

もちろん筆者の目的はアブラゼミなので、気を取り直して虫捕り網を振るったところ、1匹のセミが飛んで逃げた。

目で追うと、銀杏の木のすぐそばの石碑にしがみつく。

円柱状の樹木に網をかぶせても隙間からセミは逃げやすいので、石碑に張り付いたのは好都合。すぐにその石碑目がけて網を振るい、今度は無事にアブラゼミをゲットした。

さて。

この石碑には「畜魂碑」と刻まれていた。

家畜として出荷された動物たちを供養するための石碑である。もちろんこの当時、子供だった筆者はその意味は分かっていなかった。

今思うと、あの石碑のすぐ近くに立っていた銀杏に動物の顔めいた隆起ができていたのは、あれはひょっとすると“そういうこと”だったのかもしれない。

呪いの樹木についての噂の真相

もちろん、上記の話はあくまでもたまたま、まぎらわしい場所にまぎらわしいものが出来ちゃったというだけの話なんだろう。そもそも木のコブって、人の主観に基づく見立てで、いろんなものに見えてしまうし。

以前、首吊りで亡くなった自殺者がぶら下がっていた木の話を聞いたことがある。

その木には以降、自殺者の怨念が宿り、その後に犬の顔のようなコブが出来たという。なかなか恐ろしい話だ。

ところが、ひょんなことからこの話の続きを聞いたら、なんだか拍子抜けしてしまった。

「自殺者が出たのは本当だけど、あの顔みたいなコブはもっと前からあったし、近所の子供がイタズラで口のところにゴミ突っ込んだりしてたよ」というのである。

木のコブはしょせん木のコブ。それ以上でもそれ以下でもないのだ。

そもそも自殺者は人間。その怨念でなんで犬の顔みたいなコブが出るんだって話でもあるし(笑)。

おわりに

考えてみれば、木をじっくり眺めることは、今の時代そうそうないことだ。

しかし、それを敢えてやってみるというのも意外と面白いのかもしれない。

犬や猫、人に似た模様やコブが浮き出ている樹木だって、結構巷に埋もれているだろうし、そういうのを見つけたら、妙な達成感も得られるだろう。

あなたの街にも、きっと木から浮き出た顔があるはず……。

文/松本ミゾレ

イラスト/今井美保

東京生まれ。少女マンガ誌でデビュー後いくつかの連載を経て、妖怪マガジン「怪」(角川書店)の「第一回怪大賞・京極夏彦賞」を受賞、妖怪漫画の道へ。イラストや漫画をほそぼそと描きながら暮らしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

12月12日だから ワン・ツー ワン・ツー【ねこの写真で4コマ漫画】 (12.12)

  • ニュース

「猫ホイホイ」並みに猫が寄ってくる!「猫ピアノ」を試してみた。 (12.11)

  • ニュース

「金太郎か」巨大熊の背に乗ってくつろぐ猫 (12.11)

  • ニュース

今年の年賀状 どうする?【ねこの写真で4コマ漫画】 (12.11)

  • ニュース

なぜ、頭に柿を…?怪猫まんが「たんころりんの猫」 (12.10)

  • ニュース

猫は「甘味」を知覚できないって本当なの? (12.10)

  • ニュース

見た目はクールで中身は甘々!ベンガル猫にギャップ萌え (12.10)

ベンガル猫にギャップ萌え!虎鉄くん花ちゃんシュシュちゃん14
  • ニュース

たくさんお祈りしたけど届くかしら?【ねこの写真で4コマ漫画】 (12.10)

もっと見る

注目のグッズ

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る