TOP>ニュース > 黒猫のイメージが変わる漫画『黒猫ろんと暮らしたら』

  • ニュース

黒猫のイメージが変わる漫画『黒猫ろんと暮らしたら』

黒猫のイメージが変わる漫画『黒猫ろんと暮らしたら』

突然だが、あなたは「黒猫」に対して、どんなイメージを持っているだろうか。黒猫は根強いマニアがいる一方で、誤解もされやすい。真っ黒な被毛を持っているため、クールに見えたり怖く思われたりしてしまうことも多いのだ。だが、『黒猫ろんと暮らしたら』(AKR/KADOKAWA)を手に取ると、今まで抱いていた黒猫のイメージが変わる。

ヨーロッパで魔女狩りが行われていた頃、黒猫は魔女の使いだと誤解され、縁起が悪いといわれてきた。そして、ここ最近では「イギリスではインスタ映えしないという身勝手な理由で黒猫が捨てられている」という話題がテレビで取り上げられたことも。その際はTwitter上で「#黒猫はインスタ映えする」というハッシュタグと共に愛猫の写真を投稿する黒猫飼いさんが続出した。黒猫はこんな風に、深刻なテーマの時に注目を浴びやすい猫であるように思う。

しかし、そうした重い話題など意識せず、純粋に向き合ってみると黒猫にはたくさんの魅力があることに気づく。悲しい歴史を持つ黒猫にはクールでミステリアスなイメージが付きまとっているが、実際はとてもかわいい性格をしているのだ。

著者であるAKRさんは今から5年前、保護猫だった黒猫のくろあん(通称:ろん)くんを動物病院から迎え、猫飼いデビュー。2019年3月からTwitter上でろんくんとのゆるい日常をまとめた「ろんの絵日記」を描くようになった。

本作はこれまでにTwitter上で発表してきた作品に50ページ以上もの描き下ろし作品を加え、書籍化したもの。どのページにも、AKRさんの“ろん愛”が存分に詰め込まれている。

AKRさんももともとは黒猫に対し、クールでキリっとしたイメージを抱いていたのだそう。しかし、実際にろんくんと暮らしてみると、毎日は「かわいい」「おどろき」「おもしろすぎる」の連続だった。人懐こく甘えん坊な性格に癒され、少し抜けているお茶目な一面を見て笑顔にさせられたのだ。

当時、猫飼い初心者だったAKRさんは飼育本を購入し、猫との暮らしを学ぶことに。ところが、ろんくんは初対面で大人しく抱かせてくれたり、引き取り初日にも関わらず膝で寝始めたりと、飼育本には載っていない行動をたくさん披露。こうした姿を目の当たりにし、AKRさんは猫の奥深さや愛くるしさに魅了され、黒猫に対するイメージが変化していった。

作中には、ろんくんの優しさが伝わってくるエピソードもある。中でも、筆者の印象に強く残ったのが初めてAKRさんとろんくんが遊んだ時の話し。爪を出したまま遊んでいたろんくんは誤ってAKRさんを攻撃。怪我をしたAKRさんは「気にしなくていいからね」とろんくんに告げた。しかし、翌日からろんくんは爪をしまい、ソフトなタッチでおもちゃにじゃれるようになった。この微笑ましいエピソードを知ると、猫という動物は私たちが思っている以上に優しく、飼い主のことを気遣っているのではないかと感じてしまう。

また、共に過ごす時間が長くなるにつれ、人と猫の絆はたしかに深まっていくのだと実感できるエピソードも本作には多数収録。作中では愛猫と心が近くなった時の喜びや飼育本には載っていない“うちの子の感情表現”を見た時の微笑さなど、猫飼いならではの「あるある感情」も丁寧に表現されている。

「猫といえば○○なイメージ。」そんな考えをあっさりと裏切るろんくんのコミカルな行動と猫飼い初心者だったAKRさんのユニークな着眼点が合わさった本作は黒猫のみならず、猫という動物の愛くるしさを訴えかけている一冊。

相思相愛な2人の日常に触れると猫が恋しくなり、猫飼いさんは愛猫と過ごす時間をもっと大切にしたくなる。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る