TOP>ニュース > オール100均で「子猫のケージ」を作ってみた!

  • ニュース

オール100均で「子猫のケージ」を作ってみた!

オール100均で「子猫のケージ」を作ってみた!

「ケージ必要派」か「不要派」か、迎えてみるまでわからない

わが家の猫は初代も二代目も保護猫だったのですが、初代の子はいたずらと拾い食いがひどく、夜間や留守中は(ケガや誤食予防に)ケージが絶対に必要でした。ところが二代目の猫は、ケージ無しでも全く問題ナシ。ということで、三階建てで場所をとっていたこともあり、二代目になってすぐにケージは廃棄したんです(結構高かったので無念でしたが)。

友人のデザイナー、TSUNさんは子猫を迎える時、ブリーダーさんから「子猫時代だけでも、夜寝る時はケージ入れたほうがいい」とアドバイスをされていたのですが、「買ったけど、結局使わなかった」という人の声も多く聞いて、迷ったそうです。

そこでTSUNさんが思いついたのが、「全部100均で手作りしたら、いらなかった場合に簡単に撤去できるし捨てても惜しくない」ということ。


▲サイズは幅75×高さ48.5cm 

そのケージが、ご覧のとおり市販のものよりすっきりしたデザインで、よけいな色みがない分、インテリアの邪魔にならず、不要になった時はバラして平たくコンパクトに収納でき、再利用も可能。あまりに素晴らしいので、作り方をざっくりとお聞きしました。意外に簡単でびっくりしますよ!

材料はオール100均!

材料は全て100均の「キャンドウ」で購入。


▲猫ゲージに使った100均の材料一式。 

*ケージ本体用:ワイヤーネットBタイプ12枚

*中段用ワイヤーネットAタイプ1枚

*結束バンド(120本入り1つ)

*フロアマット8枚

*突っ張り棒2本

材料費トータル:2,400円。

作り方は超簡単!

作り方は基本的に、ワイヤーフレームを結束バンドで組み立てていくだけ。

扉の開閉はクリップで。

スペースを節約するために、上開きにしたそうです。

1kg弱の子猫用とはいえ、猫が飛び乗る2階部分は結束バンドだけでは強度が不安なため、突っ張り棒を活用して補強しています(2本のトータル対荷重2キロ)。

2階部分にフロアマットを敷いて完成。ちなみに、2階部分の猫のベッド、1階部分の食器も100均だそうです(爪とぎのみ別途購入)。

※ざざっと紹介しましたが、サイズや詳しい作り方や注意点はTSUNさんのブログ「ウチブログ」の「猫のケージを手作り。100均のワイヤーネットで簡単にDIYする方法」(https://kries.jp/uchiblog/cat-cage-diy)をご覧ください。

さて、TSUNさんの愛猫・ぐーちゃんは、このハンドメイド・ケージを気に入ってくれたのでしょうか…?答えは下の動画に。

夜、猫がケージに入るまでの様子[ぐう32]

https://youtu.be/_ixQ4AeOx-Q

取材・文/桑原恵美子

取材協力/TSUN

関連サイト/

ウチブログ/猫との暮らし

https://kries.jp/uchiblog/category/cat

YouTubeぐうちゃんねる

https://www.youtube.com/channel/UC8MOCmxlJPa4qRWBax_VyCw

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】退屈だから?あくびをする時、猫はどんな気持ちなの? (1.19)

  • ニュース

【使用レポ】ダイソーの「ペットブラシ」でカーペット掃除をしてみたら… (1.19)

  • ニュース

寅年に知っておくべき小さき猛虎、猫という存在 (1.18)

  • ニュース

家に飾れば幸せがやってくる!?「信楽焼まねき猫」が誕生 (1.18)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る