TOP>ニュース > 猫又の元ネタ?仙狸という妖怪ヤマネコ【異形の猫】

  • ニュース

猫又の元ネタ?仙狸という妖怪ヤマネコ【異形の猫】

異形の猫

日本で当たり前に親しまれている文化も、もとを辿ると源流は中国にあったということはよくある。

たとえば私たちが日常的に活用しまくっている漢字もそうだし、たとえば娯楽として親しまれている麻雀だって中国発祥だ。

話はこれだけに及ばない。

日本においてよく知られている猫の妖怪、猫又。これに非常によく似た妖怪が、やはり中国では大昔から認知されていたのだ。

その妖怪の名を、仙狸(センリ)と呼ぶ。

これぞ元祖猫妖怪!?仙狸の知られざるスペック

まずこの仙狸。名前に「狸」が入っているものの、れっきとした猫の妖怪である。

と言っても、日本には生息していないヤマネコが妖怪化したもので、そういう意味では猫又よりも若干ワイルドかもしれない。

そもそも中国では「狸」とはヤマネコを指す言葉だという。

仙狸は長く生きるうちに神通力を得たヤマネコが化身したもので、一旦この妖怪になってしまえば、自由自在に姿を変えることも、人間の言葉を使うようにもなれるという。

つまり日本の猫又と似たような力を持つというわけだ。しかし猫又との違いも少なくない。一番の差異は、日本の猫又の尻尾は分かれているが、仙狸は尻尾が1本のままということだろう。

さて。仙狸は中国妖怪であり、力を持つ存在だ。

具体的に仙狸はどんな悪事を働いていたのか気になるところだが、今現在伝わっている話はそう多くはない。

せいぜい美男美女に化けて、自分の住処の近くを通る旅人を誘惑し、その精気を吸う程度のものだ。

もちろん、吸われた側は自分の命にもかかわる話なのでたまったものじゃないが、仙狸となったヤマネコは、自分の神通力を維持するためにも、しばしばそういったことをして凌いでいたのだろう。

仙狸と猫又、どちらが恐ろしい?

ところで中国の仙狸と日本の猫又とでは、どちらがより恐ろしい存在なんだろうか。

恐らく体格的にはヤマネコが元となっている仙狸に軍配が上がるはずで、取っ組み合いでもしようものなら、下手をすると日本の猫又たちは太刀打ちもできないかもしれない。

が、猫という生き物は元々正攻法で勝負をしない動物。

猫又は体つきこそ小さいが、非常に残酷な側面のある妖怪だ。

なにせ長年大事にしてくれた飼い主を裏切って食べてしまうこともあるほどなので、残忍性を発揮することで仙狸を意外とあっさり倒してしまう可能性も否定できない。

しかも、猫又だって人間に化けて精気を吸ってしまうという話もある。

そしておそらく、その個体数もヤマネコ発祥の仙狸とイエネコ発祥の猫又とでは、後者のほうが多いに違いない。

となると、日本の猫又は総合力で仙狸よりも凶悪な妖怪と考えることもできる。もっとも、猫妖怪同士がわざわざいがみあっても仕方がないので、案外遭遇しても仲良くするのかもしれないが。

おわりに

そういえば、筆者が10代の終わり頃に購入した『真女神転生3』というゲームソフトにも、仙狸が登場していた。

たしか猫又をある程度育ててレベルアップさせていくと、仙狸に進化したような……。

そしてその仙狸が意外に強くて役立った記憶もある。

パートナーにするなら、猫又よりも仙狸のほうが安定するというのは、「どちらがより残酷か」を考えてみると、なんとなく納得するところである。

意外とあのゲームソフトの仕組みは、猫又と仙狸の区別化をうまく果たしていたようだ。

文/松本ミゾレ

イラスト/今井美保

東京生まれ。少女マンガ誌でデビュー後いくつかの連載を経て、妖怪マガジン「怪」(角川書店)の「第一回怪大賞・京極夏彦賞」を受賞、妖怪漫画の道へ。イラストや漫画をほそぼそと描きながら暮らしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫の腎臓病特効薬」「きゅうりはNG」「予防策」猫の腎臓病に役立つ知識3選 (7.2)

  • ニュース

ネコも、リモートワークはじめました。 (7.2)

  • ニュース

山に捨てられた三つ子の仔猫に温かい家族ができた話 (7.2)

  • ニュース

コロナ禍の在宅リモートワークで犬猫との絆が深まった話 (7.2)

  • ニュース

子猫の遊びは、ほぼすべてが「殺しのトレーニング」 (7.2)

  • ニュース

期日前投票に行ってちょーだいッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (7.2)

  • ニュース

民宿の勧誘、席のキープ係、体操選手などなど…『猫のハローワーク』 (7.1)

  • ニュース

黒猫の性格は甘えん坊で犬に近い?実際の飼いやすさは? (7.1)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る