TOP>ニュース > 『幸せになりたければ猫と暮らしなさい』は本当か?

  • ニュース

『幸せになりたければ猫と暮らしなさい』は本当か?

『幸せになりたければ猫と暮らしなさい』は本当か?

猫は犬よりもマイペースで、自由気ままな動物であるように見える。しかし、猫の飼い主は猫に尽くしながら幸せそうに見える。一体、それはどうしてなのだそう。――そう感じた時に読んでみてほしいのが、『幸せになりたければ猫と暮らしなさい』(樺木宏(著)/かばきみなこ(監修)/自由国民社)だ。

本書の著者は、もともと犬派だったという樺木さん。7匹の保護猫と暮らす中で「ねこ啓発」(猫と暮らすことにより人の潜在的な能力が引き出され、精神面でも成長すること。またはその効果)を感じ、猫の魅力に心惹かれ、幸せを感じるようになった。一体、猫と人間の幸せはどう繋がっているのだろうか。

猫が人間を幸せにする理由とは?

猫以外の動物にも人を癒す力はある。しかし、人間は猫と暮らすことでより多くの幸福感を得ることができるという。なぜ他の動物ではなく、“猫”でなければいけないのだろうか。その理由は、本書の中に綴られている科学的根拠が示している。

人間が幸福感を得るには、神経を安定させる「セロトニン」やセロトニンの分泌を促す「オキシトシン」、苦痛を乗り越えた後に快楽や幸福感を味わえる「ベータ・エンドルフェイン」という3つのホルモンが必要だ。こうしたホルモンは実はすべて、猫と関わるだけで得ることができるのだという。

猫は薄明薄暮性であるため、明け方に活発になる。ご飯をねだるために、飼い主を起こし始める猫もいるだろう。すると飼い主は自然と早寝早起きの習慣がつき、朝日を浴びることでセロトニンの分泌が活発になる。

そして、猫が見せるコミカルな仕草や愛くるしい姿も人を癒すカギとなる。こうした姿を見た時、セロトニンは分泌されるため、飼い主は幸せな気持ちになれるからだ。また、オキシトシンは猫を撫でると分泌され、ベータ・エンドルフェインに至っては、猫を見て「かわいい」と思うだけで分泌されてしまうのだという。

こうして猫の凄さを再確認してみると、猫という生き物はただ存在しているだけで人を幸せにしてくれる動物なのかもしれないと思わされてならない。人間を“幸せな下僕”にしてしまう科学的根拠を猫は自然に身に着けているのだ。

猫は人生に必要なことを教えてくれる

自由気ままに生きている猫という動物。彼らから人間が教えられる人生の教訓は、とても多いように思う。先の見えない将来への不安や人間関係の悩みは、生きている限り尽きることはないが、そうしたときこそ、猫の生き方を自分の人生にも取り入れてみると生きることが少しラクになるかもしれない。

例えば、猫は相手に好印象を与える「ゲイン効果」を自然に行っている。猫は警戒心が強い動物であるため、最初は愛想がないことも多い。だが、そんな性格だと思われているからこそ近寄ってきてくれたり、甘えてきてくれたりすると虜になってしまう。この「ゲイン効果」は人間界でも非常に役に立ち、自分の印象を相手に強く残すための切り札になる。

猫は様々な方法で人間を癒し、大切なことを学ばせてくれる良きパートナー。残念ながら現在の法律では動物にとって優しいものだとは言いがたい。これほどまでに人間を幸せにしてくれる猫に、私たちができることとは一体なんなのだろう。それを考えていくことが、幸せをくれる猫へのお返しになっていくはずだ。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る