TOP>ニュース > その猫の肉 不老長寿の妙薬なり【異形の猫】

  • ニュース

その猫の肉 不老長寿の妙薬なり【異形の猫】

異形の猫

江戸時代に編纂された妖怪絵巻の中に、“ぬっぺっぽう”なるつかみどころのない名前の妖怪が収録されている。名前のとおりこの妖怪、体が大きな肉の塊のようであり、とってつけたような手足が生えている。

胴体にはうっすら顔のような意匠があり、全体的につかみどころのないルックスをしているのが特徴だ。

ぬっぺっぽうは正体不明の妖怪であるが、その肉を食べれば不老になるとも、大きな活力を得るともいわれている。

慶長14年。

徳川家康の住む駿府城に、このぬっぺっぽうが出たという記録があるが、このとき家康は妖怪のようなものを食べてまで力を得ようとは思わなかったようだ。家臣に命じてぬっぺっぽうを追い出したという。

今回はこのぬっぺっぽうらしきものが猫に追い回されていた話をしたい。

あれは何?奇妙な肉が徘徊する寺院

筆者はこれまで、妖怪とおぼしきものを目撃した(と本人が思い込んでいるだけだろうけど)ことが何度かある。
かまいたちも見たし、化け亀も見た。

そしてこの、ぬっぺっぽうらしきものも、見た記憶がある。

子供のころ、田舎暮らしだった筆者には夏場、行きつけの場所があった。

それが近所のさびれたお寺の敷地内にあるクヌギの木だった。この木は夏になると樹液をたくさん出しており、ここにクワガタが集まっていたのだ。

ある夕刻、いつものように身一つでお寺に侵入し、番犬に吠えたてられながらクヌギの木を目指していると、変なものを見た。砂利が敷かれた庭に、牛脂の塊みたいなものがのそのそ動いている。

この脂か肉の塊には足が生えていて、たしか腕はなかった。顔があったかどうかは記憶にない。顔があればさすがに鮮明に覚えてるはずなので、きっとなかったのだろう。

最初は近所に住む熊本さんという太ったおばさんかと思ったけど、つんつるてんで衣服もまとっていないとなると熊本さんではないらしいことが分かった。

何より奇妙だったのは、この肉の塊が歩く後ろを、カラスや猫が追いかけていたところにある。

めっちゃついばまれ、齧られている肉の塊…

まだそこまで暗くはなっていなかったため、じっと観察するまでもなくカラスや猫が何をしているかが分かった。
食べていたのだ。

カラスは時折羽ばたいては肉に覆いかぶさり、ついばむ。猫は飛びかかって丸かじりしている。

呆気にとられて眺めるばかりだったが、肉の塊はそのあいだも追跡を逃れようとノロノロ逃げまどい、やがて草むらに入ってしまった。

カラスはそこで追跡をやめたが、猫はまだ腹が減っていたのか、構わず追っていた記憶がある。

あとになってたまたま友達が持っていた妖怪図鑑を読んでいると、まさに冒頭で紹介したぬっぺっぽうと容姿がよく似ていることに気が付いた。

もしかすると、あれは本当にぬっぺっぽうだったのやもしれない。

まあ、十中八九筆者の子供のころの夢と現実がごっちゃになった思い出なんだろうけど(笑)。

おわりに

それにしても気になるのは、追い立てられていたぬっぺっぽうらしき肉のその後と、彼を追撃しまくっていたカラスと猫のその後だ。

伝承によればぬっぺっぽうの肉を食えば不老になる。これって人間以外にも適用されるんだろうか。もしそうなら、あのカラスも猫も、まだ生きてたりするのかもしれない。

ところで、ぬっぺっぽうの肉はどんな味がするんだろう。

もしもう一度それらしき肉の塊が歩いているのを見かけたら、一口ぐらい齧ってみたいものである。

文/松本ミゾレ

イラスト/今井美保

東京生まれ。少女マンガ誌でデビュー後いくつかの連載を経て、妖怪マガジン「怪」(角川書店)の「第一回怪大賞・京極夏彦賞」を受賞、妖怪漫画の道へ。イラストや漫画をほそぼそと描きながら暮らしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットの通院は“不要不急”の外出ではない!ペット用のオンライン相談・診療システム (5.25)

  • ニュース

無防備な猫の瞬間をとらえた写真集「へそ天にゃんこ」 (5.25)

  • ニュース

「猫の耳が熱い」謎がやっと解明された。 (5.25)

  • ニュース

猫をリードに繋いで散歩することに大反対したい。 (5.25)

  • ニュース

不機嫌な猫『グランピー・キャット』が亡くなったんですってッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.25)

  • ニュース

自分では気づかない。あなたは周りからどう見えている? (5.24)

  • ニュース

里親探しを止めて「うちの子」に。猫の名前は「とんぼ」。 (5.24)

  • ニュース

性別によって違う?猫にも“利き手”があることが判明! (5.24)

猫の利き手4
もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る