TOP>ニュース > 弘法大師に石にされた巨大猫のその後…

  • ニュース

弘法大師に石にされた巨大猫のその後…

【異形の猫】弘法大師VS巨大猫!磐梯山・猫魔ヶ岳の大猫伝説!

「あのでっかい坊さんの像って何?」

子供のころ、筆者は近所のお寺に建立されている10メートル級の像を指して祖母に聞いてみたことをおぼえている。

祖母はその像を「お大師さん」と答えた。

後々になって、お大師さんとは、かの弘法大師空海であると知ることになった。

空海といえば、全国各地にその伝説を残す偉大な僧侶である。

どこそこの村の飢饉を祈祷で救ったとか、何某かが所有する地域の救う妖怪を退治したとか。いろんな話が残っている。

今回はその弘法大師の偉業の一つを紹介したい。

磐梯山にその存在を轟かせた恐怖の大猫!

【異形の猫】弘法大師VS巨大猫

現在の福島県耶麻郡猪苗代町から磐梯町、北塩原村にかけてまたがる名峰、磐梯山。

ここにはかつて、人々から恐れられた魔物が棲んでいたといわれている。

その魔物とは、巨大な猫であった。

この猫は磐梯山の西方にある小高い場所に巣食い、その場所は猫魔ヶ岳と呼ばれるようになっていた。

猫魔ヶ岳の巨大猫が、具体的にどんな悪さをしていたのかについては、あまり記述が残っていない。

ただ化け猫の類であるので、おそらく山道を往く人々をかどわかしたり、あるいは食べてしまうなどの行為に及んでいたのかもしれない。

でなければ、わざわざ弘法大師も退治しようと思わないだろうし……。

それにしても猫魔ヶ岳というネーミング。なんとも禍々しい限りである。

弘法大師に石にされた巨大猫のその後…

さて。

経緯は分からないものの、とにかく猫魔ヶ岳において件の大猫は弘法大師と対峙することとあいなった。しかし無類の法力の持ち主である弘法大師を相手取ってただで済んだ化け物もそうはいない。

大猫は戦いの末に倒され、その身を猫石という岩に変えたという。

が、この猫石というやつがまた厄介だった。

なにせこの猫石ときたら、ただそこにあるだけで誰も手入れをしていないのに、周囲に草木の類が一切生えないというのだ。死してなお、化け猫としての力は衰えていなかったのかもしれない。

これと同じような話を知っているという方もいるだろう。そう、那須の殺生石だ。この猫石と殺生石の関連性は深い。

殺生石はそのむかし、帝をたぶらかした玉藻前という女の正体である狐が成敗されたのちに姿を変えた成れの果てといわれる。

しかし石になってからも猛毒を発して周囲に危険を及ぼし続けたという逸話がある。

妖力を持った動物が倒されると石になる。こうした話は、猫魔ヶ岳の大猫だけに限った話ではないということだ。

おわりに

ちなみに猫魔ヶ岳には弘法大師と戦ったとされる大猫以外にも、複数の化け猫伝承が存在している。もしかすると、昔の猫魔ヶ岳には数々の化け猫が生息していたのかもしれない。

猫たちが修行する場として、伝説上の山に「猫嶽」があるが、猫魔ヶ岳となんとなくニュアンスが似ているし……。

文/松本ミゾレ

イラスト/今井美保

東京生まれ。少女マンガ誌でデビュー後いくつかの連載を経て、妖怪マガジン「怪」(角川書店)の「第一回怪大賞・京極夏彦賞」を受賞、妖怪漫画の道へ。イラストや漫画をほそぼそと描きながら暮らしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る