TOP>ニュース > 「こんなトイレは嫌だ。」猫のトイレハイって知ってる?

  • ニュース

「こんなトイレは嫌だ。」猫のトイレハイって知ってる?

「こんなトイレは嫌だ。」猫のトイレハイって知ってる?

用を足した瞬間に飼い猫が猛ダッシュする「トイレハイ」を目撃したことがある飼い主さんは多いはず。「ウンチハイ」とも呼ばれるこの行動は、なんだか微笑ましく思えてしまいますが、実はトイレに不満があるサインであるケースも…!今回は、猫がトイレハイする理由やトイレ環境の見直し方をお教えいたします。

「トイレハイ」が起きるのは猫の習性が関係していた!

トイレハイ2

排便や排尿をした後、一目散にトイレから走り去っていくトイレハイ。実は、そこには猫の習性が関係しています。

猫は恐怖や不安、緊張を感じる扁桃体が発達しているため、警戒心が強い動物。祖先のリビアヤマネコも群れではなく、単独で行動する習性があったため、自分の身を自分で守るためにこうした特徴が築かれていきました。

そんなリビアヤマネコが一番無防備になるのは、トイレの時間。用を足している時は敵に襲われても、素早く応戦できません。しかも、排泄物のにおいで敵に自分の存在を知られてしまう危険性もあります。トイレは命がけの行為であったため、自分のにおいがする場所から安全な場所へ早く立ち去ろうと考えたのです。

こうした野生の名残が現在のイエネコにも残っているため、トイレハイは起こると考えられています。

しかし、トイレハイの解釈には様々な説があり、猫の心理が完全に解明されているとは言いがたい部分も。例えば、危険を回避するために自分の排泄物のにおいがする場所から離れるために猛ダッシュで逃げると解釈している説もあれば、安全に用が足せたことによって緊張感から解き放たれたため、猛ダッシュをするのではないかという説もあります。

中には猫の習性とは関係なく、交感神経と副交感神経の関係によってトイレハイが起こると考えている方もいるようですが、この理論が正しければ猫以外の動物にもトイレハイが見られるはずなので、トイレハイにはやはり猫としての習性が深く関係しているといえそうです。

そのトイレハイ、“不満のサイン”かも…

愛猫のトイレハイを日常的な行動として、微笑ましく見守っている飼い主さんは多いかもしれません。しかし、実はトイレハイの裏にはトイレへの不満が隠されていることも…。不満のあるトイレから一刻も早く離れたくて、猛ダッシュしている可能性もあるのです。

愛猫がトイレに対して不満を持っているかどうかは以下のチェックポイントを参考にしてみてください。

・排泄後は猫砂ではなく、トイレの淵を掻いている
・粗相が多い
・トイレ中に怖い思いをしたことがある
・排泄物を埋めようとしない
・トイレへ入る時にためらっている
・猫砂をなるべく踏まないようにして用を足している

もし、心当たりがある場合はトイレ環境の見直しを。猫砂やトイレの形(フードがあるかないか)、周辺の環境(人通りが多いなど)などを再検討してみると、不満が解消できるはず。猫の中には、猫砂の粒の大きさにまでこだわりを持つ子もいるので、材質なども考慮しながら再検討してみてくださいね。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る