TOP>ニュース > 猫の顔に日本列島があるぅッッ!東京五輪公式応援猫になってほしい!

  • ニュース

猫の顔に日本列島があるぅッッ!東京五輪公式応援猫になってほしい!

猫の顔に日本列島があるぅッッ!東京五輪公式応援猫になってほしい!

インスタで『面白柄』を検索していたら、たまたま出会ってしまった奇跡!「ウ、ウソでしょ!?」と思わず声を挙げてしまったほどの衝撃と日本代表でもないのに大和魂が芽生えて震え上がるほどの興奮を覚えた猫の写真!それがコレだ!!!


おわかりだろうか?


この独特な顔の模様を…


よく見ると、顔に日本列島が!!!


飼い主さんも、こう仰っている!

今回、苦情や不平不満は一切受け付けません。あしからず。
筆者の自己満足だけで麗しき日本の姿を顔面に植え付けた、運命的な猫との出会いを思う存分語らせて頂く。

猫の名は通称ぽんちゃん。男の子。つまり日本男児だ。正式名称は「JAPON」。
現在10歳で、生後3週間で保護した時に動物病院の看護師さんが「顔の柄が日本列島みたいで、私たち『じゃぽんちゃん』と呼んじゃってます〜」と言った一言が全てのきっかけとなり、そのまま命名されたという。
そんな彼の幼い頃の“日本列島”を見て頂きましょう。


2009年頃。古代の日本列島のような感じ


地殻変動を繰り返しながら…


2019年現在、立派な日本列島に

ぽんちゃんのママ、ma☆rronさんに出会った経緯をお聞きしました。

「いつも通る道でたまたま出会ったのが最初です。目ヤニと鼻水まみれで風邪をひいたような仔猫がよろよろと歩いていました。『え?犬?猫?』ってくらい顔がどろどろでよくわからない状態。まわりに母猫も見当たらないし、車にでも轢かれたら大変と思いすぐに拾い上げて病院へ行きました」

ぽんちゃんの救世主となったママさんですが、実は猫を飼ったこともなく、大の猫好きでもなかったとか。これも奇跡!すると、さらなる奇跡が!

「ウチでは面倒見れそうになかったので、早く里親探ししないと…と思ったのですが、よくよく見ると3年前まで暮らしていたうさぎに柄がそっくりで。物怖じしない感じもよく似ていて、そのうち懐いてきてくれて、そして情が移り、、、そのままうちの子になりました笑」


こちらがそのうさぎ・ふぁんふぁ君

今では生まれ変わりなんだろうなと思っているというママさん。
ぽんちゃんを見た知人からは「日本を背負って野良猫なくそうの活動とかしてみたら?」「名前面白い!弱小サッカーチームっぽいね笑」と言われたことも。


弱小は悲しいね、ぽんちゃん

そんなぽんちゃん、イマドキの男子っぽい一面もあるそうで、、、

「甘えん坊だけど拗ねます。他の同居猫と仲良くなれなかったり、独占欲が強くて、いばりん坊。だけどやり返されると完全押されて負けてます。素直じゃないところが日本のイマドキ男子ぽいですかね」

若干、草食男子っぽいところも、ぽんちゃんの魅力。(ツイッターでよく見かけるイマドキ男子かもしれない)しかし、運命的に出会ったぽんちゃんはママさんにとって「かけがえのない心の支え」になっているとか。なので、こんなぽんちゃんの姿も!

実はママさん、シンガーソングライターとして活動するプロの歌手!オリジナルアルバムのジャケットには、ぽんちゃんも登場しているんです。


ぽんちゃん、ギャラ貰った?


貰ってないみたいです…

ギャラ未払い問題はさておき、日本に生まれ、顔面の中心で日本をアピールしまくるぽんちゃんこそ、間近に迫った東京五輪で一躍人気者になってしまうかも。

では最後にもう一つ、ぽんちゃんの秘密をご覧頂きましょう。


実は足の裏にも日本列島があります♪

ぽんちゃんインスタグラム

ママさん(ma☆rronさん)HP

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫も旅行に連れて行ける?体験談と一緒にお出かけを楽しむコツ (9.19)

  • ニュース

半端ない切れ味!「鎌をふる猫」【まんが】 (9.19)

  • ニュース

猫まみれ!「藝大の猫展2020」がアートプラザにて開催中 (9.19)

  • ニュース

大切な何かを守るために闘う犬猫10選 (9.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る