TOP>ニュース > 「史上最低レベル」とまで言われた高校野球部に幸運をもたらした一匹の猫

  • ニュース

「史上最低レベル」とまで言われた高校野球部に幸運をもたらした一匹の猫

「史上最低レベル」とまで言われた高校野球部に幸運をもたらした一匹の猫

これは今年の夏、本当にあった奇跡の物語。史上最低レベルとまで言われた高校野球部に幸運をもたらし、甲子園へと導いた一匹の猫がいます。

猫の名前は「スラパン」ちゃん(スラパンてなに?その理由はのちほど…)

実はこの猫、北海道・北照高校野球部の選手寮に突然現れた“勝利を呼ぶ猫”なんです。

今では、寮に住み着いた元野良猫のスラパンちゃんを野球部員はもちろん、先生方も一緒になってお世話をしているといいます。

出会いは今年5月。その頃の野球部は春の地区予選で敗退し、チームはドン底状態。周囲からは「最弱世代」のレッテルを貼られるほど。そんな窮地の野球部のもとに突然現れたのがスラパンちゃんでした。


年齢不詳。おそらく女の子だそうです

もともと、人懐っこい猫ではなかったそうですが、お腹が空くたびに顔を出してきてご飯を要求する都合のいい性格♪自由気ままに生きる姿が野球部員を魅了し、いつしかドン底状態の野球部にとって癒しの存在に。

それから、スラパンちゃんが「野球部の一員」になるまで時間はかかりませんでした。校長の許可を取り、全員でお世話をすることになったのです。

さあ、ここからが奇跡の始まり。「茶トラの野良猫と史上最弱野球部」の信じられないお話を、今回、北照高校の校長先生を始め、生徒の皆さんに伺いました。

まずは「普段のお世話」について。野球部員はどんな風に面倒をみているのかというと…

「部員それぞれ、時間があるときにご飯をあげたりしています。最近は、お腹が空くと鳴き声を出すようになったので、それに気づいた寮の生徒がご飯をあげていますね。遠征中は寮の食事を作ってくれている方が代わりに面倒をみています」(北照高校・加賀美さん)

なんとも幸せなスラパンちゃん。行き先不安な野良生活から、健康で文化的な最低限度の生活にランクアップ!しかもそれを許してくれた校長先生も懐が深い!もしかして校長先生も猫好き?早速、校長先生本人にお聞きすると、、、

「猫は子供のころ飼っていたので好きです。寮の前を通りかかったときにスラパンちゃんを見かけたので、煮干しをやろうとしたら指を引っ掻かれました。しかし、ちょっと高級なご飯を買ってきてあげると美味しそうに食べていました。皆に可愛がられる勝利の招き猫ということでいいニャーと思いました」(小路修司校長)


校長先生、なんともおちゃめだニャー♪

スラパンちゃんが来てからというもの、それまで落ち込んでいた野球部の雰囲気も見違えるように変化し、癒される選手が続出!中でも特に恩恵を受けたのは、スラパンちゃんに最初にご飯をあげたというエースの桃枝(もものえ)くん。

「ご飯の残りの鶏肉をあげたら、とても懐いてくれて、球速が上がりました」(桃枝くん)


ご飯をあげると球速が上がる猫!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

目の上の奇跡的な「眉毛模様」を持つ猫を見つけた‼︎ (9.22)

  • ニュース

黒猫の悪魔感が際立つ。必死。【仔猫を拾ったので】 (9.21)

  • ニュース

ミーちゃん、新技をマスターする【ランドセル猫】 (9.21)

  • ニュース

「猫ロード」をクリアできるか?自宅の廊下がミッション・インポッシブル! (9.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る