• 病気事典

咳をする

咳は主に、呼吸器系の病気が原因となることが多い。そのほか心臓病や感染症、異物の誤飲などが原因となる場合もある。咳のタイプを観察して病院に報告すること。また、食欲の有無や鼻水、発熱など、ほかの症状も確認して原因を突き止めるための判断材料を増やすことを心がけよう。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 食欲がない
② 元気がない
③ なくなっている物がある
④ 強い衝撃を受けた
⑤ どんな咳か確認しよう
  • ゴホンゴホンと湿った咳
    痰を伴っている場合は呼吸器の病気が考えられる。
  • ゴホゴホと激しい咳
    若齢の犬で乾燥した激しい咳が続き、ほかの症状がとくにない場合はケンネルコフの可能性が。
  • ケホケホと弱々しい咳
    肺炎や心臓病、フィラリア感染症の可能性も考えられる。

■緊急性の高い咳とそうでない咳を見分ける

運動もしていないのに、突如呼吸がハアハアと荒くなって咳をしたり、口を開けてゼイゼイ呼吸するなどの異常が見られたら緊急性の高い症状と判断してすぐにかかりつけのホームドクターに相談すること。また、咳をしながらぐったり横たわって、歯茎や舌など口の中が白っぽく見える場合も注意が必要。
最も緊急性の高い咳は異物誤飲によるもの。喉に「おもちゃ」やクッションの綿などが詰まって、呼吸困難に陥っている場合の咳は、早めの処置が必要となる。食道は空気を通す気管の隣にあり、そこが膨れて気管を圧迫すると、うまく息ができなくなってしまう。激しく咳き込んだり、普段聞き慣れないような音が喉から聞こえた時は、すぐにホームドクターに相談する。
子犬や老犬に多いのは誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が原因となる咳。食べ物や吐いたものが気管に入り込んで起きるもので、食餌後や吐いた後に咳が始まった場合はこれを疑う。こちらも放置しておくと死に至るケースがあり、注意を要する。
また、同じく子犬に多い咳の症状にケンネルコフがある。伝染性の呼吸器疾患の総称で、原因はウイルス、細菌、マイコプラズマ属菌といろいろあるが、予防接種により防げるものもある。
高齢犬に多いのが心臓病による咳。夜、寝ている時や、明け方に咳をする場合は心臓病を疑う。

★飼い主さんが自宅でできる予防

異物誤飲の原因となるクッションなどは置き場所に注意すること。また、ケンネルコフは予防注射で防げるものもあるので、定期的に予防接種をしておくと安心。フィラリアの感染による咳も、飼主さんが自宅で予防することができる。
飼い主さんが自宅でできる心臓病の予防としては、体重管理を徹底して、肥満防止につとめること。心臓病と食餌の関係では、ナトリウムの摂取量が問題となるため、獣医師と相談しながら、なるべく低塩分フードへの切り替えも視野にいれる。最近の研究で、細菌が歯の付け根から心臓に侵入して、僧帽弁閉鎖不全症や心筋症の原因となることが明らかになってきた。デンタルケアも、心臓病予防の有効な手段の一つと考えられる。

獣医師江本宏平先生のワンポイントアドバイス

犬の咳は吐くように見える場合があります


もともと咳は、気道に異物が入ることを防ぐための、防御反応として出るものなので、ごはんが大好きな子が一気に食べたり、急に大量の水を飲んで出す咳は生理現象で、とくに心配は要りません。給水ボトルは犬の舌の構造では水が飲みにくく、咳が出てしまうというケースが多い様です。その場合は平たいお皿から飲めるようにすれば咳をせずに飲むことができます。
人が風邪をひくと、痰がからんだコンコンという咳をしますが、犬の咳は人と違って吐くように見える咳をします。口を開けて喉から絞り出すようにカハッとする咳が多いので、飼い主さんによっては、「吐いている」とか「えづいている」と訴える人もいます。長く出る犬の咳は、人の風邪と違って、しばらく様子を見るのではなく、専門家の意見を聞いた方が良いと思います。
(ペット往診専門動物病院 わんにゃん保健室、院長江本宏平)
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の回虫症

犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の心不全

犬の軟口蓋過長症

犬の気管虚脱

犬の気管支狭窄

犬の肺水腫

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の鼻腔狭窄症

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のジステンパー

狂犬病


ページトップへ戻る