犬の病気事典

突然、鼻血が出る

ほかの犬とのケンカにより鼻血を出している場合は、安静にすることで症状が落ち着く場合が多いので、運動や散歩などには連れて行かずに休ませることを心がけること。それでも鼻血が止まらない、鼻時の原因が不明、ほかの症状もある、などの場合には病院に相談することが望ましい。なかには血液の病気や中毒症状、感染症などの原因により鼻血を出している場合もあるので注意。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 食事の内容はいつもと同じ
② 薬などは与えていない
③ ほかの犬とケンカをした
④ 熱や咳などのほかの症状がある
⑤ 元気がない
⑥ 鼻血の状態を確認しよう
  • 少量がジワジワ
    鼻に腫瘍などがある場合、少量の血がジワジワと出る場合がある。
  • 急に大量の出血
    ほかの犬とケンカをしたり頭をぶつけるなどで大量の出血になることも。
  • 鼻以外にも出血がある
    口の中や皮膚などほかの部分にも出血が見られる場合、体が出血しやすい状態になっていることも考えられる。すぐに病院へ

★犬は健康な状態で鼻血を出すことはほとんどない

子どもがのぼせて鼻血を出すことは多いが、健康な犬が鼻血を出すケースはまれで、基本的には異常な状態と考えて、すぐにホームドクターに相談すること。鼻血は1)外傷や鼻炎、鼻腔内腫瘍など鼻そのものの異常、2)血小板減少や殺鼠剤中毒など鼻以外の異常による出血、の2つにわけられる。

1)の外傷は転倒や打撲、交通事故で鼻腔内を損傷して出血するケースが多い。また、鼻炎は鼻の粘膜が炎症を起こしている場合のほか、歯肉炎などが進行して鼻血が出ることもある。鼻腔内腫瘍の発症数は多くはないが、治療が難しい。高齢のコリーやビーグルなどマズルが長い犬種に比較的多い。

2)の鼻以外の異常では血液の凝固異常が考えられる。骨髄疾患、感染症、免疫疾患、藩種性血管内凝固などのほか、血友病でも鼻血が出る。ワルファリンなどの殺鼠剤を誤飲・誤食した犬が鼻血を出すケースもある。

★飼い主さんが自宅でできる予防

鼻腔内腫瘍の発症原因は解明されていないが、一説によると、ペットの呼吸器系にできる腫瘍は飼い主が喫煙者で、タバコの副流煙を吸い込むと発症率は高まる。犬の健康保持のために、なるべく近くでタバコを吸わないようにしたい。
犬の鼻血は様子を見るのではなく、出たらすぐに獣医師と相談した方が良いと考えて、日ごろから注意しておく。
鼻炎の予防として、室内の加湿は効果的。鼻炎の原因となるハウスダストの浮遊を抑え、鼻汁の排泄が活発になり、鼻が通りやすくなる。
歯肉炎が進行して鼻血が出るケースも多いので、歯磨きを習慣づけておく。

◎ 獣医師江本宏平先生のワンポイントアドバイス

鼻血を見つけたらどんな色だったかチェックしてみて

鼻血はどんな色をしているかで、病気の診断ができる場合があります。1)の外傷では赤い血が出てきます。鼻炎ではピンク色や茶色で、クリーム色に血が混じったような状態の鼻血です。どちらかというと、鼻水に血が混じるような感じで、真っ赤ではありません。2)の鼻以外の血液の異常や免疫介在性の病気と、薬剤中毒では赤い血・鮮血が流れるように出てきます。
鼻血の出方にも注意しておくと、診断の役に立ちます。いつ、どんな具合に鼻から血が出てくるかを把握しておくと、良いでしょう。たとえば腫瘍では片方から出てくることがありますし、くしゃみと一緒に血が出たというケースは歯肉炎などを疑います。
鼻炎の治療は長引くことも多いのですが、ストレスをためないように、おおらかな気持ちで取り組むのが病気と向き合うコツです。
(ペット往診専門動物病院 わんにゃん保健室、院長江本宏平)
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の肝硬変

犬の肺水腫

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎


ページトップへ戻る