• 病気事典

目が腫れているように見える

原因として考えられるのは、外傷や異物混入が挙げられるが、ほかに緑色などに変色したり、眼球自体が大きくなっているときは、緑内障が疑われる。緑内障は、眼圧が高くなり、視神経などに影響を与えるほか、視力も低下してしまう病気。進行すると失明する場合があるので早期発見、早期治療が大切。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 目の色がいつもと違う
② ほかの犬とケンカをした
③ 目が腫れている
④ 高齢犬である
⑤ 目を気にしている
⑥ 白内障がある

★目のどこがどのように腫れているかをチェック

目が腫れる状態は大きく分けて1)眼球そのものが腫れている、2)瞼など目の周囲が腫れている場合、の二つがある。どちらのケースでも痛がって前脚でこすりつけるようなしぐさが見られたら、すぐにかかりつけの獣医師に相談すること。
1)の眼球そのものが腫れる病気では緑内障、眼球内腫瘍、膿瘍などが考えられる。
2)の瞼の異常では、眼瞼(がんけん)炎を疑う。また、眼瞼の縁にあり、涙液の油成分を分泌するマイボーム腺の異常として、マイボーム腺炎がある。これは麦粒腫(ばくりゅうしゅ:ものもらい)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)などと診断され、いずれも治療が必要となる。マイボーム腺炎はアレルギー体質の犬に出やすい病気である。

目の病気には瞬膜が赤く腫れあがるチェリーアイや麦粒腫など若齢犬がかかりやすい病気と、緑内障やマイボーム腺が腫瘍化したマイボーム腺腫など高齢犬がかかりやすい病気がある。症状とともに年齢も考慮して、正しく病気を診断して、早めに適切な治療が受けられるようにする。

★飼い主さんが自宅でできる予防

細菌や真菌や寄生虫の感染により、瞼に炎症が起きるようなケースの予防は、飼育環境を清潔に保ち、感染させない工夫が必要。
また、免疫力が低下して病気が発症することも多いので、普段から健康な身体づくりを心掛ける。

フレンチ・ブルドッグや、パグ、ボストン・テリアなどの短頭種は、外傷時や頭部の圧迫などによって眼球が脱出してしまうことがあるので、交通事故や転倒など、強い衝撃を与えないようにする。自宅では転倒しても衝撃を和らげるような床材を使ったり、柵を作って危険な高い場所に上らない工夫も大切。

獣医師江本宏平先生のワンポイントアドバイス

緑内障になりやすい犬種は定期検診で早期発見を

緑内障は目玉の中の眼房水(がんぼうすい)と呼ばれる水がうまく排出できずに増えてしまったことで、眼圧が高くなる病気です。人間でも高齢になると罹患しやすい病気なので、病名を知っている人も多いでしょう。人と同じく、少しずつ進行して、視力が落ちていき、最終的には失明してしまう病気です。
人と違う点は、ぶどう膜炎という、角膜に深く傷がついた状態から進行していくケースがある点です。飼い主さんは、角膜が白く濁っていると感じたら、すぐに病院で検査してもらうことを、おすすめします。ひどくなると強い痛みと充血を伴い、牛眼(ぎゅうがん)という飛び出た状態になりますが、ここまで悪くなる前に適切に治療することで、病気を抑えることも可能です。
緑内障はシベリアン・ハスキー、秋田犬、柴犬、サモエド、チャウ・チャウ、シャー・ペイやトイ種、スパニエル種などに多いので、飼主さんは定期検診をするなど、注意深く見守ってあげると良いでしょう。
(ペット往診専門動物病院 わんにゃん保健室、院長江本宏平)
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬の流涙症

犬の瞬膜露出症

犬の眼瞼外反症

犬の眼瞼内反症

犬の緑内障

犬の結膜炎

犬の角膜炎


ページトップへ戻る