• 病気事典

目が赤くなっている

目が赤くなる原因はいろいろなことが考えられる。そのため目を調べる場合、目や目の周り以外にも、まぶたの裏などもチェックすることが重要だ。また、鼻が低く目の大きな犬種は、目の病気になりやすいと言われている。そうした犬は、常日頃から目の状態を意識して見るようにすること。目が赤くなる原因のひとつとして、ごく稀に心臓病でもなる場合がある。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 激しく遊んだ直後
② ひどく痒がっている
③ ほかの犬とケンカをした
④ まぶたを閉じていることが多い
⑤ 白目が赤い
⑥ 白目に太い血管が浮かんでいる

★正常な充血もある

犬も興奮すると目が充血するが、時間とともに赤みは引いてくる。正常な目の充血は両方の白目の部分が同じように赤くなる。片目だけが赤かったり、赤い色がいつまでも引かない場合はかかりつけの獣医師と相談すること。
結膜炎で白目が赤くなる場合は、細菌感染なのか、寄生虫によるものか、目への刺激で炎症を起こしたのか、その原因をつきとめて、正しく治療することが大切。結膜炎はアレルギーでも発生することがある。
眼球の内部に炎症細胞が増加して目が赤くなったり、白目だけでなく黒目の部分が赤く見える場合は、すぐに専門家に相談する。

★飼い主さんが自宅でできる予防

散歩や遊びに夢中になって、うっかり眼球を傷つけてしまい、充血することがある。目を傷つけるような尖った物や、とげのある植物が生えている草むらに顔をつっこむようなことがないように、飼い主が注意をすること。
アレルギー体質の犬は症状を悪化させない工夫を。

獣医師江本宏平先生のワンポイントアドバイス

目以外の異常で充血が見られるケースもあります

目が赤いと、目そのものの病気をまず疑いますが、そうではない臓器の異常、たとえば、子宮蓄膿症でも目が赤くなることがあります。子宮の感染症なのに、なぜか目の充血が見られる子が多いので、高齢の女の子の飼い主さんは知っておくと良いでしょう。また、心臓病でも目が赤くなる子がいます。
また、獣医さんから目薬を処方されて、途方にくれてしまう飼い主さんも多いでしょう。人間と違って目薬を点(さ)すのは、簡単なことではありませんね。やっているうちに、恐怖心が消えたり、慣れる場合もありますが、まずは飼主さんが上後方(頭頂部側)から、素早く点すと嫌がられずできることが多い様です。点した後は目をこすってしまわないように、ボール遊びやおやつに誘ったりして、目から気を逸らすのもコツです。
人間の目薬にはスーッとするメントールが入っているものがたくさんあります。充血しているからといって、わんこには絶対に使わないようにしてくださいね。
(ペット往診専門動物病院 わんにゃん保健室、院長江本宏平)
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬の流涙症

犬の瞬膜露出症

犬の眼瞼外反症

犬の眼瞼内反症

犬の緑内障

犬の結膜炎

犬の角膜炎


ページトップへ戻る