TOP>ペット相談室 > 犬のお尻に関する病気サインって…?【犬の病気辞典】
  • ペット相談室

犬のお尻に関する病気サインって…?【犬の病気辞典】

犬のお尻に関する病気サインって…?【犬の病気辞典】

PETomorrow『犬の病気辞典』から「お尻に関する病気サイン」をご紹介しましょう。

お尻のにおいが気になる

お尻周辺の外傷の化膿や炎症があるとにおいを発することがある。また、肛門両側にある肛門膿の分泌液がたまり、炎症を起こしてにおいを発する場合も。メスでは膣炎や子宮蓄膿症などの生殖器の病気の可能性も考えられる。そのほかにも排泄物が皮膚や被毛に付いている場合もあるので汚れを拭き取って清潔を保つこと。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① お尻の周りに炎症などがある
② お尻の周りにしこりがある
③ しきりにお尻を舐める
④ 分泌液が出ている

お尻を地面にこすりつける

肛門嚢の分泌液が溜まっている可能性がある。分泌液が溜まると、細菌感染などを起こしやすくなるので定期的に肛門嚢を絞ることを心がけること。ほかに、寄生虫の感染や下痢が続くときなどにもお尻を気にしてこすりつける動作をすることがある。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① お尻の周りに炎症などがある
② お尻の周りにしこりがある
③ しきりにお尻を舐める
④ 分泌液が出ている
⑤ お尻を触られるのを嫌がる

関連情報
PETomorrow犬の病気辞典

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ペット相談室

犬のお尻に関する病気サインって…?【犬の病気辞典】 (4.4)

  • ペット相談室

ペットの介護生活の裏に潜むストレスや鬱、生活の質の低下 (1.19)

  • ペット相談室

【いぬのはてな】犬がおもらしする理由って…? (1.11)

  • ペット相談室

【いぬのはてな】犬と一緒に寝ると睡眠の質が上がるって本当? (12.31)

  • ペット相談室

世界的なドッグトレーナー、シーザー・ミランを知っていますか? (12.30)

  • ペット相談室

犬や猫にも糖尿病ってあるの?【Dr.古江のお悩み相談室】 (12.29)

  • ペット相談室

スコティッシュフォールドに多い「骨軟骨異形成」とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (12.27)

  • ペット相談室

ボタンをごくり!?犬が異物を飲んでしまったら?【Dr.古江のお悩み相談室】 (12.26)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る