猫の膀胱炎
  • 病気事典

猫の膀胱炎

細菌などの感染や尿結石が膀胱の組織を傷つけるなどして炎症が起こる病気。寄生虫により発症するケースもある。ただし、猫の尿は濃度が高く細菌が繁殖しづらいので、犬に比べると発症しにくいと言われている。

主な症状

排尿姿勢を何度も取るようになる。尿の量が減り、ニオイが強くなる。尿に膿が混じって濁ったり、ときには血尿が出る場合もある。慢性化してほかの病気を引き起こすケースも少なくない。

CHECK! 治療と予防

抗生物質を投与して治療を行なう。細菌の繁殖を抑えるように十分に水を飲ませて排尿させる。飼育環境を清潔にすることを心がけ、栄養バランスのとれた食事を与えることが予防につながる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

猫の膀胱炎

猫の腎盂腎炎

猫の腎不全

猫の膵炎

猫の肝硬変

猫の肝炎

猫の腸閉塞

猫の腸炎

猫の尾腺炎

猫の肉芽腫

猫の副腎皮質機能亢進症

猫皮膚糸状菌症

猫のアレルギー性皮膚炎

猫の瞬膜露出症

猫の条虫症

猫の鉤虫症

猫の回虫症

猫のツメダニ症

猫のかいせん症

猫のサルモネラ感染症

猫の結核

猫の狂犬病

猫伝染性貧血

猫のクリプトコッカス症

猫のトキソプラズマ症

猫伝染性腹膜炎

猫伝染性腸炎

猫白血病ウイルス感染症

猫免疫不全ウイルス感染症

猫の子宮がん

猫の子宮蓄膿症

猫の扁平上皮がん

猫の骨髄性腫瘍

猫のリンパ腫

猫の乳がん

猫のフィラリア症

猫の甲状腺機能亢進症・低下症

猫の糖尿病

猫の心不全

猫の尿路結石症

猫のノミアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る