猫のアレルギー性皮膚炎
  • 病気事典

猫のアレルギー性皮膚炎

ホコリや花粉などアレルギーの原因となる物質を吸い込んだりすることで皮膚に炎症が現れる病気。慢性再発性でなかなか治らない皮膚炎はアレルギー性皮膚炎の可能性が高いと言われている。

主な症状

強いかゆみがあるため、皮膚をひっかいたり、噛んだり舐めたりする場合が多いが、それにより皮膚が傷つき、化膿することもある。皮膚の状態が悪くなることで、脱毛や被毛の色が変色する場合もある。

CHECK! 治療と予防

まずは、何に対してアレルギー反応を起こしているのか原因を突きとめることが重要。皮膚の炎症やかゆみなどを抑える薬で治療を行なう。原因となる物質を取り除き、猫を近づけないことで改善や予防につながる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

猫の肉芽腫

猫皮膚糸状菌症

猫のアレルギー性皮膚炎

猫の耳かいせん

猫のツメダニ症

猫のかいせん症

猫のクリプトコッカス症

猫の扁平上皮がん

猫のノミアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る