猫のかいせん症
  • 病気事典

猫のかいせん症

猫ヒゼンダニに感染している猫などから感染。飼い主が外でダニを付けて帰宅し、家猫に移るケースもある。人にも感染する恐れのある人獣共通感染症のひとつ。

主な症状

とくに皮膚の柔らかい耳や顔などに発症する場合が多い。強いかゆみのほか、脱毛、赤みなどが出る。強くひっかくことでさらに悪化しその傷口から細菌感染を起こす場合も。かゆみからくるストレスにより食欲が低下することもある。

CHECK! 治療と予防

ダニ駆除剤を使って治療する。感染している猫に近づけないことはもちろん、生活環境を清潔にしてダニを駆除することも重要な予防法のひとつ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

猫の肉芽腫

猫皮膚糸状菌症

猫のアレルギー性皮膚炎

猫の耳かいせん

猫のツメダニ症

猫のかいせん症

猫のクリプトコッカス症

猫の扁平上皮がん

猫のノミアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る