猫の扁平上皮がん
  • 病気事典

猫の扁平上皮がん

鼻や耳、まぶた、顔などにできる皮膚がん。長期間、紫外線を浴びることで起こると言われている。主に白い猫が発症しやすい。

主な症状

脱毛やかさぶた、腫瘍などができる。進行すると出血や膿が出て悪臭を放つ場合もある。幹部が壊死する場合もある。

CHECK! 治療と予防

がんが発生した部分とその周辺を摘出。早期での治療は、摘出することで完治する場合が多いため、早期発見、早期治療が大切。また、長期間、紫外線を浴びないように気をつけることも予防につながる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

猫の肉芽腫

猫皮膚糸状菌症

猫のアレルギー性皮膚炎

猫の耳かいせん

猫のツメダニ症

猫のかいせん症

猫のクリプトコッカス症

猫の扁平上皮がん

猫のノミアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る