TOP>犬の病気事典 > 犬の鉤虫症
  • 犬の病気事典

犬の鉤虫症

口や皮膚からの感染や母猫からの胎盤感染、母乳感染などによって起こる。寄生する数が多いと、子犬などは命に関わる場合もある。

主な症状◇

小腸に寄生して成虫となり、小腸の粘膜に噛みついて血を吸う。貧血や下痢、毛づやの悪化などが現れる。

CHECK! 治療と予防☆

駆虫薬を投与する。便の処理を徹底し、生活環境を清潔に保つことが予防につながるほか、胎盤感染を防ぐために交配前に寄生中の検査を行なうことも重要。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬のジアルジア症

犬のコクシジウム

犬の条虫症

犬の鉤虫症

犬の鞭中症

犬の回虫症

犬の腸閉塞

犬の胃潰瘍

犬の胃炎

犬の心不全

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る