TOP>犬の病気事典 > 犬の乳がん
  • 犬の病気事典

犬の乳がん

乳腺などに悪性腫瘍ができる病気で、リンパ節や肺などにも転移する。避妊手術を受けていない高齢のメスに発生しやすいと言われている。

主な症状◇

貧血や食欲の低下、呼吸困難などの症状が現れる。しこりが破れて出血やただれ、化膿によって悪臭を放つ場合もある。

CHECK! 治療と予防☆

乳腺を手術で切除すると同時に転移の状況によって放射線治療などを行なう。発見が遅れるほど治癒率が低くなるので、乳房を定期的に触ったりしてチェックし、早期発見、早期治療を心がけることが予防につながる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の乳がん

犬の子宮蓄膿症

犬の腎盂腎炎

犬の肝硬変

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の膿皮症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のレプトスピラ症

犬パルボウイルス感染症

犬のジステンパー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る