TOP>犬の病気事典 > 犬の皮膚がん
  • 犬の病気事典

犬の皮膚がん

皮膚や消化器などから発生した悪性腫瘍のこと。老化や紫外線、ウイルスなどさまざまな原因が考えられる。命に関わる危険性が少ないものを良性腫瘍、命に関わる恐れがあるものを悪性腫瘍という。犬はもともと腫瘍ができやすい動物と言われている。

主な症状◇

皮膚がただれたり、しこりなどができる。タイプによっては皮膚病に似た症状が現れることも。転移すれば命に関わる。

CHECK! 治療と予防☆

早期の場合、切除することで完治する場合が多い。進行している場合には、放射線や抗がん剤による治療を行なうことがある。早期発見、早期治療が最も重要になる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の接触性アレルギー

犬の吸引性アレルギー

犬の乳がん

犬の皮膚がん

犬の肝硬変

犬の肝炎

犬の指間びらん

犬の皮膚真菌症

犬の脂漏症

犬の膿皮症

犬のニキビダニ症

犬のツメダニ症

犬のかいせん症

犬のノミアレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る