犬の尿崩症
  • 病気事典

犬の尿崩症

尿量を調節するホルモンが正常に働かなくなる病気。薬や外傷、腫瘍、炎症などが原因になるほか、先天的な要因によって発症する場合もある。

主な症状◇

多飲多尿、尿の色が薄くなる、などの症状が現れる。少しでも水分不足が起こると脱水状態を招き、痙攣などを起こす場合もある。また、慢性化することで体重が減るケースも。

CHECK! 治療と予防☆

他の病気が原因であれば、その病気の治療を行なう。効果的な予防法はないが、早期発見、早期治療が重要になる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の バベシア症

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の腹腔腫瘍

犬の前立腺腫瘍

犬の前立腺炎

犬の前立腺肥大

犬の尿崩症

犬の糖尿病

犬の尿道炎

犬の尿路結石症

犬の膀胱炎

犬の腎盂腎炎

犬の心不全

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る