TOP>犬の病気事典 > 犬の糖尿病
  • 犬の病気事典

犬の糖尿病

膵臓から分泌されるインスリンが不足したり働きが悪くなることで起こる病気。肥満などにより発症することが多い。また、ほかの臓器などにも影響を与えるためさまざまな病気を併発することがある。主にオスの中年齢犬の発症が目立つ。

主な症状◇

尿の回数が増えるとともに、水を飲む量も増える。その後、食べているのに痩せていくなどの症状が現れ、食欲も減退。嘔吐、下痢、脱水症状などが現れ衰弱する場合も。悪化すると抵抗力が弱り感染症にかかりやすくなる。

CHECK! 治療と予防☆

インスリンが不足している場合は、インスリン注射を中心に治療。インスリンの働きが悪い場合は、食事療法で血糖値をコントロールする。糖尿病の治療は生涯続ける必要があるので長い目で付き合うことが大切。予防には、適度な運動と栄養バランスの取れた健康管理が重要になる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬のジアルジア症

犬のコクシジウム

犬の条虫症

犬の鉤虫症

犬の鞭中症

犬の回虫症

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の腹腔腫瘍

犬の糖尿病

犬の肛門周囲炎

犬の腎不全

犬の肝炎

犬のコロナウイルス性腸炎

犬の腸炎

犬の心不全

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬パルボウイルス感染症

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る