TOP>犬の病気事典 > 犬のコロナウイルス性腸炎
  • 犬の病気事典

犬のコロナウイルス性腸炎

消化管がイヌコロナウイルスに感染することで発症する病気。すでに感染している犬との接触や嘔吐物、排便のにおいを嗅いだ際に口に入ることによって感染する。成犬では感染しても症状が出ない場合も多いが、子犬の場合は注意が必要になる。

主な症状◇

嘔吐、下痢、食欲低下などが現れる。子犬の場合は重症化しやすく、脱水症状が起こることも。また、腸炎を引き起こすそのほかの細菌なども同時に感染した場合、より重症化してしまうケースもある。

CHECK! 治療と予防☆

食事制限などを行ない安静にして体力の回復を待つ。多くの場合、これらの支持療法で回復が見込まれる。ほかのウイルスや細菌などと混合感染している場合は、抗生剤などの投与を行なう場合もある。ワクチン接種で予防ができるほか、飼育環境を清潔に保つことも予防法のひとつ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬のジアルジア症

犬のコクシジウム

犬の条虫症

犬の鉤虫症

犬の鞭中症

犬の回虫症

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の腹腔腫瘍

犬の糖尿病

犬の肛門周囲炎

犬の腎不全

犬の肝炎

犬のコロナウイルス性腸炎

犬の腸炎

犬の心不全

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬パルボウイルス感染症

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る