TOP>犬の病気事典 > 犬の軟口蓋過長症
  • 犬の病気事典

犬の軟口蓋過長症

喉の中で空気の通り道を作る軟口蓋が伸びすぎて呼吸に影響を与える呼吸器系の疾患。先天的な原因が多く、中でも小型犬の短頭種がかかりやすい病気と言われている。

主な症状◇

呼吸が苦しくなったり、呼吸困難に陥ったりする。中には、いびきや吐き気などが起こる場合もある。呼吸が乱れることから、夏場、体温が上昇しすぎて熱中症などを引き起こす場合もあるので注意。

CHECK! 治療と予防☆

呼吸困難を伴う場合は、手術によって軟口蓋を短くする治療を行なう。有効な予防法はないので、発症しやすい犬種に症状が現れた場合は、激しい運動や喉へ負担をかけないようにするとともに、すぐに獣医に相談すること。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の回虫症

犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の心不全

犬の軟口蓋過長症

犬の気管虚脱

犬の気管支狭窄

犬の肺水腫

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の鼻腔狭窄症

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のジステンパー

狂犬病

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る