TOP>犬の病気事典 > 犬の気管支狭窄
  • 犬の病気事典

犬の気管支狭窄

気管や気管支が狭くなることで空気がうまく通過できない病気。異物の誤飲や気管外側の炎症、腫瘍などが原因で起こる場合がある。異物が気管支を通り、肺を傷つけることで障害を起こすことがあり、重篤になるケースもある。

主な症状◇

咳やいびき、呼吸音などの症状が現れる。重度の場合は、呼吸困難に陥り口の中や唇が紫色に変色するチアノーゼが出ることも。

CHECK! 治療と予防☆

異物が詰まっている場合は、その異物を取り除く。炎症が原因の場合には、炎症を抑える薬を使う。異物が大きいなど、原因、症状によっては切開手術を行なう場合もある。本来、犬が口に入れるべきではないものを、犬の届く範囲に置かないことが予防法のひとつ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の回虫症

犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の心不全

犬の軟口蓋過長症

犬の気管虚脱

犬の気管支狭窄

犬の肺水腫

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の鼻腔狭窄症

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のジステンパー

狂犬病

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る