TOP>犬の病気事典 > 犬の肺炎
  • 犬の病気事典

犬の肺炎

呼吸器が炎症を起こす病気の中で最も症状が重くなる病気。ウイルスや細菌の感染などが原因で肺に炎症が起こる。ほかにアレルギーや寄生虫が原因になることもある。

主な症状◇

空咳が何度も出て、高熱、呼吸が苦しくなり、食欲が低下する。呼吸が苦しくなると前足を広げて首を伸ばした姿勢になることもある。肺炎は進行が速いので注意が必要。

CHECK! 治療と予防☆

抗生物質の投与が中心になる。症状によっては酸素吸入が必要になることも。ワクチン接種が予防法のひとつになるが、栄養管理をしっかり行なうことも抵抗力を高めることにつながるので重要。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の回虫症

犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の心不全

犬の軟口蓋過長症

犬の気管虚脱

犬の気管支狭窄

犬の肺水腫

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の鼻腔狭窄症

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のジステンパー

狂犬病

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る