犬の歯根膿瘍
  • 病気事典

犬の歯根膿瘍

歯根(歯の根元)に炎症が生じて、膿がたまる病気。歯にヒビが入った時などに歯根が細菌に感染することで発症する場合がある。犬歯と上顎の前臼歯が発症しやすいと言われている。

主な症状◇

痛みがあると食事に時間がかかるようになったり、食欲が低下する。口臭も強くなり、炎症が進行すると顔が腫れる場合もある。

CHECK! 治療と予防☆

抗生物質や抗炎症薬で治療する。口の中を清潔に保つことが予防につながるので歯みがき習慣を身につけるとよい。また、ケージに入れた際のストレスから柵を噛むなどするケージバイトなどの行為を避けるようにするのも大切。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の口腔腫瘍

犬の甲状腺機能亢進症・低下症

犬の胃捻転

犬の歯根膿瘍

犬の歯周病

犬の虫歯

犬の口唇炎

犬の口内炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のレプトスピラ症

犬パルボウイルス感染症

狂犬病

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る