TOP>犬の病気事典 > 犬の鼻腔狭窄症
  • 犬の病気事典

犬の鼻腔狭窄症

先天的の異常で鼻腔が狭くなっている症状。主に短頭種の犬に多く見られる。

主な症状◇

鼻腔が狭くなっているため、呼吸する際に鼻を鳴らしたり、鼻水を垂らすようになる。呼吸のしづらさから運動後や興奮時に酸欠状態に陥ることもある。

CHECK! 治療と予防☆

日常生活に支障が出る場合、鼻腔を広げる手術を行なう。ほかの正常な犬の鼻腔と見比べて、広さや形を確認し、異常が見られる場合は、獣医師に相談するとよい。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の回虫症

犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の心不全

犬の軟口蓋過長症

犬の気管虚脱

犬の気管支狭窄

犬の肺水腫

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の鼻腔狭窄症

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のジステンパー

狂犬病

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る