犬の流涙症
  • 病気事典

犬の流涙症

涙が鼻から上手く排出されず、目の周辺に涙が溢れている状態になる病気。角膜炎や結膜炎などの影響によるものから鼻炎などによるものなど、原因はさまざま。

主な症状◇

目ヤニが増え、目の周りの被毛が茶褐色に変色する涙やけが見られるようになる。鼻の脇の皮膚が赤く腫れ湿疹が出る場合も。進行するとかゆみや痛みが伴うこともあり、目頭をこすったりかいたりする場合がある。

CHECK! 治療と予防☆

感染が原因の場合は抗生物質を使用。涙点が詰まっていた場合は、麻酔をかけて細い管を差し込み洗浄することもある。目を清潔に保つことが予防法のひとつ。普段から犬の体調に気づかい早期発見、早期治療を心がけるのが重要。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の接触性アレルギー

犬の吸引性アレルギー

犬の皮膚がん

犬の耳血腫

犬の耳かいせん

犬の中耳炎・内耳炎

犬の外耳炎

犬の流涙症

犬の瞬膜露出症

犬の眼瞼外反症

犬の眼瞼内反症

犬の緑内障

犬の結膜炎

犬の角膜炎

犬の指間びらん

犬の皮膚真菌症

犬の脂漏症

犬の膿皮症

犬のニキビダニ症

犬のツメダニ症

犬のかいせん症

犬のノミアレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る