犬の瞬膜露出症
  • 病気事典

犬の瞬膜露出症

外の刺激から目を守る瞬膜が外に飛び出す病気。先天的な原因で発症する場合が多いと言われている。

主な症状◇

目頭にある瞬膜が腫れて外に突出する。さくらんぼのようなピンク色の塊ができるため、別名チェリーアイとも言われている。腫れた瞬膜は角膜を刺激するため炎症を起こしやすくする。

CHECK! 治療と予防☆

軽度の場合は点眼薬で治療。生活に支障がある場合は、手術を行ない瞬膜を正常な位置に戻す。特別な予防法はないため早期発見、早期治療がポイントになる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の接触性アレルギー

犬の吸引性アレルギー

犬の皮膚がん

犬の耳血腫

犬の耳かいせん

犬の中耳炎・内耳炎

犬の外耳炎

犬の流涙症

犬の瞬膜露出症

犬の眼瞼外反症

犬の眼瞼内反症

犬の緑内障

犬の結膜炎

犬の角膜炎

犬の指間びらん

犬の皮膚真菌症

犬の脂漏症

犬の膿皮症

犬のニキビダニ症

犬のツメダニ症

犬のかいせん症

犬のノミアレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る