犬の眼瞼外反症
  • 病気事典

犬の眼瞼外反症

まぶたが外側にめくれる病気。先天的なものもあれば、老化によって皮膚がたるんでめくれる場合もある。軽度の症状は、高齢犬にとっての一般的な症状と言われている。とくに下まぶたに発症しやすい。

主な症状◇

目が乾燥しやすくなり、涙や目ヤニが多く出るようになる。また、目を気にしてしきりにこする動作をとるようになる。目が露出されているため炎症を起こしやすい。

CHECK! 治療と予防☆

角膜炎や結膜炎にかかっている場合は、その治療を行なうことで症状がやわらぐ場合が多い。重度の場合には、まぶたの整形手術を行なう。効果的な予防法がないので、炎症などを起こさないように目を清潔に保つよう心がけることが大切。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の接触性アレルギー

犬の耳血腫

犬の耳かいせん

犬の中耳炎・内耳炎

犬の外耳炎

犬の流涙症

犬の瞬膜露出症

犬の眼瞼外反症

犬の眼瞼内反症

犬の緑内障

犬の結膜炎

犬の角膜炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る