TOP>犬の病気事典 > 犬の脂漏症
  • 犬の病気事典

犬の脂漏症

ホルモン分泌の異常などにより、皮膚の新陳代謝が極端に早くなる病気。皮膚がベタッと脂っぽくなる脂性型と皮膚が乾燥する乾性型がある。

主な症状◇

脂性型、乾性型ともに多量のフケが出て、患部からニオイを発するようになる。脂性型では、とくに背中やおなか、耳、目の周りなどに症状が現れることが多く、乾性型は皮膚が乾燥する。

CHECK! 治療と予防☆

乾性型の場合は、保湿効果が期待できるシャンプーなどを使ってケア。ビタミンや亜鉛を補給する薬を使うこともある。脂性型では、抗脂漏シャンプーを使用する。普段から、脂肪分の量に気をつけた栄養バランスの整った食事を提供するように心がけることが重要。運動不足改善やストレスをなくすなどの健康的な生活環境の維持が予防につながる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の接触性アレルギー

犬の吸引性アレルギー

犬の乳がん

犬の皮膚がん

犬の肝硬変

犬の肝炎

犬の指間びらん

犬の皮膚真菌症

犬の脂漏症

犬の膿皮症

犬のニキビダニ症

犬のツメダニ症

犬のかいせん症

犬のノミアレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る