TOP>犬の病気事典 > 犬の膿皮症
  • 犬の病気事典

犬の膿皮症

皮膚上で細菌が異常繁殖し起こる皮膚炎。皮膚は表皮、真皮、皮下組織に分かれており、それぞれ膿皮症になる可能性がある。病原菌の90%はブドウ球菌と言われている。

主な症状◇

皮膚が赤く炎症を起こしたり、脱毛、発疹、膿疱、かさぶたなどが起こる。強いかゆみを伴うため、掻いたり舐めたりして炎症が進行し、膿や発熱などの症状が出る場合も。顔や腋、股、指の間などによく現れる。

CHECK! 治療と予防☆

抗生物質や薬用シャンプーで治療する。日頃から体を清潔に保つように心がけることが重要で、定期的に薬用シャンプーを使い全身を洗うようにすると良い。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の乳がん

犬の子宮蓄膿症

犬の腎盂腎炎

犬の肝硬変

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の膿皮症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のレプトスピラ症

犬パルボウイルス感染症

犬のジステンパー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る