犬のかいせん症
  • 病気事典

犬のかいせん症

イヌセンコウヒゼンダニに感染して発症する病気。感染している犬やダニの付いている犬小屋、首輪、食器などから感染。人にも感染する恐れのある人獣共通感染症のひとつ。

主な症状◇

とくに皮膚の柔らかい耳や肘、膝、お腹などに発症する場合が多い。角質に入り込みその中で産卵や排便などをするため強烈なかゆみを伴うほか、脱毛、赤みなどが出る。強くひっかくことでさらに悪化しその傷口から細菌感染を起こす場合もある。かゆみからくるストレスにより食欲が減退することもある。

CHECK! 治療と予防☆

ダニを殺す注射や内服薬、炎症を抑える薬などで治療。薬浴を行なう場合もある。感染している犬や汚染されている環境に近づけないことが予防法のひとつ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の接触性アレルギー

犬の吸引性アレルギー

犬の皮膚がん

犬の耳血腫

犬の耳かいせん

犬の中耳炎・内耳炎

犬の外耳炎

犬の流涙症

犬の瞬膜露出症

犬の眼瞼外反症

犬の眼瞼内反症

犬の緑内障

犬の結膜炎

犬の角膜炎

犬の指間びらん

犬の皮膚真菌症

犬の脂漏症

犬の膿皮症

犬のニキビダニ症

犬のツメダニ症

犬のかいせん症

犬のノミアレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る