TOP>犬の病気事典 > 犬のアレルギー性皮膚炎
  • 病気事典

犬のアレルギー性皮膚炎

病院への外来が多い病名のひとつ。ホコリや花粉などアレルギーの原因となる物質を吸い込むことで皮膚に炎症が現れる。慢性再発性でなかなか治らない皮膚炎はアレルギー性皮膚炎の可能性が高いと言われている。

主な症状◇

顔や足、ワキ、背中など、全身に炎症が現れる。強いかゆみがあるため、皮膚をひっかいたり、噛んだり舐めたりする場合が多い。それにより皮膚が傷つき、化膿することもあるので注意。皮膚の状態が悪くなることで、脱毛や被毛の色が変色したりする場合もある。

CHECK! 治療と予防☆

皮膚の炎症やかゆみなどは抑える薬を処方して対処できるが、それ以前に何に対してアレルギー反応を起こしているのか原因を突きとめることが重要。原因となる物質を取り除き、犬に近づけないことで改善や予防につながる場合がある。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の胃捻転

犬の胃潰瘍

犬の胃炎

犬のアレルギー性皮膚炎

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬パルボウイルス感染症

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る