犬のアデノウイルス2型感染症
  • 病気事典

犬のアデノウイルス2型感染症

パラインフルエンザとともに犬の伝染性気管支炎(ケンネルコフ)の主要病原体のひとつ。アデノウイルス2型に感染することで発症。感染した犬との接触や咳、くしゃみによる飛沫などから感染する。

主な症状◇

咳やくしゃみなどの風邪に似た症状や肺炎、気管支炎など、呼吸器症状を起こす。単独感染では、軽い症状の場合が多いが、ほかのウイルスや細菌と同時に感染することで症状が重篤になり、症状を悪化させて死亡するケースもある。

CHECK! 治療と予防☆

ウイルスに効く薬はないが、ほとんどは自然治癒する場合が多い。肺炎などの強い症状が見られる場合は、充分な栄養の摂取、安静のほかに抗生物質などの投与も行なわれる。ワクチンを接種することで予防することができる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の口腔腫瘍

犬の甲状腺機能亢進症・低下症

犬の胃捻転

犬の歯根膿瘍

犬の歯周病

犬の虫歯

犬の口唇炎

犬の口内炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のレプトスピラ症

犬パルボウイルス感染症

狂犬病

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る