犬のイヌ伝染性肝炎
  • 病気事典

犬のイヌ伝染性肝炎

イヌ科の動物だけに感染するウイルス性の肝炎。ワクチン未接種の犬の感染や子犬の感染の場合は、死亡するケースが多い。ほかのウイルスと同時に感染すると致死率がさらに高まる。

主な症状◇

食欲が低下し微熱が出るのみの軽症型や数日間の高熱、嘔吐、下痢、腹痛などに悩まされる重症型など、タイプによって症状はさまざま。元気だった子犬が高熱を出し、吐血などの症状が現れ24時間以内に死亡する突発性致死型などもある。

CHECK! 治療と予防☆

特効薬はなく、肝機能の回復を促す対症療法などを行なう。栄養バランスを考えた食事の管理も重要。アデノウイルス2型ワクチンを接種することで予防できる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の口腔腫瘍

犬の甲状腺機能亢進症・低下症

犬の胃捻転

犬の歯根膿瘍

犬の歯周病

犬の虫歯

犬の口唇炎

犬の口内炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

犬のレプトスピラ症

犬パルボウイルス感染症

狂犬病

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る