TOP>グッズ > 【わんこと行くクルマ旅】愛犬用カーアクセサリー装備車で行く春の那須高原 前編

  • グッズ

【わんこと行くクルマ旅】愛犬用カーアクセサリー装備車で行く春の那須高原 前編

とはいえ、オデッセイだと「ペットシートマット」を敷いた幅方向にも余裕あるベンチシートの2列目席に小型犬のララと大型犬のマリア、飼い主と犬がいっしょに寛いでドライブを楽しむこともできるんだよ。

DSCN2754★
ホンダ・オデッセイHV

DSCN2595
 オデッセイHVの2列目ベンチシート

ステップワゴンの場合、2/3列目席頭上にもエアコン吹き出し口があるから、暑い季節でも後席は快適そのもの。たとえラゲッジ部分に乗っても冷風がしっかり届くんだ。そうそう、スライドドア部分の窓にロールサンシェードを備えたグレードもあって、犬が嫌がる外からの干渉、車内の温度上昇を防いでくれるからさらに嬉しいワン。

東北自動車道を走るステップワゴンは、1.5Lダウンサイジングターボエンジンが黒子に徹し、実に静かに滑らかに走ってくれる。ミリ波レーダー×単眼カメラの検知能力を持ち、安全運転を支援してくれる先進安全装備の『ホンダセンシング』装着車なら、衝突軽減ブレーキや車線逸脱シエンシステム、誤発信制御機能、先行車発進お知らせ機能、道路標識認識機能などに加え、前走車に追従して走れる自動運転に近いACC=アブプティブクルーズコントロールも備わり、運転手の運転疲労を低減。

NY2_8807
ステアリング右にACCのスイッチが

もちろん運転手のパパもACCをON。右足の操作から開放されるだけじゃなく、合わせた速度をキープしつつ前走車に追従し、自動的に減速、加速してくれるため、クルマの動きは素晴らしくスムーズ。車内でどこかにつかまれない犬を乗せたドライブにも効果絶大なんだって(クルマ酔い抑制効果も!)。しかも、不用意にアクセルを踏むより燃費も向上。自称自動車評論犬!?のマリアとしては、犬連れドライブの必需装備、機能だと思っているワン。

ところで、犬連れドライブの行程は、3時間以内が犬がストレスなくドライブを楽しめる距離。そして1時間半に1回は高速道路のSA/PAなどで休憩するのが鉄則。ちなみに東京から那須高原へは約200キロ、2時間の距離と理想的。

で、那須高原によく出かけるわが家は、ちょうど中間地点になる佐野SAで休憩するのが習わし。その下り線にはドッグランもあって(上り線でも利用可)、美味しい佐野ラーメンをわんこといっしょにベンチ席で食べられるのもここを利用する理由です。

P1100167
佐野SAのドッグラン

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • グッズ

犬猫、どっち派?ジェラート ピケの「ハロウィンコレクション」 (10.3)

  • グッズ

もう愛犬の歯みがきは不要?新感覚の『歯みがきラクヤーガム』 (7.13)

  • グッズ

いつも一緒♪ ドラえもんの犬猫グッズ7選 (9.7)

  • グッズ

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場 (5.31)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る