TOP>ペットのごはん > トマトとお豆の洋風炊き込みごはん【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】

  • 女子力で簡単ペットごはん

トマトとお豆の洋風炊き込みごはん【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】

【作り方】


1米は洗って浸漬し、ザルに上げて水気を切る。炊飯器に米と分量通りの水をセットしておく。

2ツナの水煮缶は汁を切り、ミニトマトは1/2カットに、しめじは細かく刻む。


3セットした米の上に他の具材を混ぜこまないようにまんべんなくのせる。


4通常通り炊く。


5炊き上がったら全体をよく混ぜる。

【犬】子供茶わん半分程度の量を取り分け、人肌程度に冷ます。

【ヒト】お好みで塩をかける。

◎簡単アレンジ◎

炊き上がったごはんをケチャップで味付けして卵で巻くと簡単オムライスができます。

【完成!】

人:トマトの旨み成分であるグルタミン酸とツナの旨み成分であるイノシン酸の組み合わせで旨みたっぷりの洋風炊き込みごはんを作りました。今回は、更にたんぱく質を上げるために豆類もたっぷり使っているので、豆の旨みも加わってより旨みの相乗効果が期待できます。トマトや豆類、しめじには食物繊維が豊富に含まれているため血糖値の上昇を緩やかにする働きや整腸作用効果が期待できます。一般的に豆類は消化が悪いイメージがありますが、今回は炊き込むことで指で潰せるくらい柔らかくなるので、消化が未熟な小さなお子さまや胃腸の弱い方にもおススメですよ。

犬:今回のモデル犬のチワワのJr.くんは歯周病の影響でほとんど歯がありません。小型犬は歯周病になりやすく、中高齢で歯がグラグラになったり抜けてしまう子も多いです。そういう子でも美味しく食べられるように、旨みたっぷりの炊き込み御飯のレシピを考えてみました。野菜の中でも栄養成分の宝庫であるトマトと、旨みたっぷりのツナの水煮を混ぜることで、特別に出汁を加えなくても美味しい炊き込みごはんになりますよ。がっついて食べる子の場合は、万が一にも喉に詰まらせない様に、しめじやお豆を小さめにカットしたり、ごはんをよくほぐす様に気をつけてあげてくださいね。

獣医師・古江加奈子

fp01
パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。
http://parkanimal.jp/

管理栄養士・高月佑果
タカツキ写真
イートムキッチンスタジオ主宰。管理栄養士、調理師。管理栄養士の知識や経験を生かした料理教室を運営。他にも、レシピ開発、商品開発、食事・ダイエット指導等、日々の生活に役立つ食の知識とカラダに優しいレシピを提案している。
https://cookingschool.jp/school/eatomskitchen

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

腹持ち抜群!ポテトの春巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.19)

  • レシピ-ペットのご飯

ベイクドチーズケーキ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.15)

  • レシピ-ペットのご飯

手軽にたんぱく質アップ!豆とチーズのサラダ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.13)

  • レシピ-ペットのご飯

錦糸巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.29)

  • レシピ-ペットのご飯

バナナ豆乳プリン【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.17)

  • レシピ-ペットのご飯

チキンロール【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.12)

  • レシピ-ペットのご飯

血圧が気になる人に!減塩オムライス【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.8)

  • レシピ-ペットのご飯

筋力アップにおすすめ!豚肉と豆の彩りスープ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (4.26)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る