TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】シーフードとブロッコリーのターメリックライス

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】シーフードとブロッコリーのターメリックライス

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

シーフードとブロッコリーのターメリックライス

夏に向けて元気をつけるレシピ!
手軽なシーフードミックスを使った簡単なパエリア風のごはんのご紹介です。色付けに肝臓をサポートしてくれるターメリックを使いました。わんちゃん用に取り分けてから、塩コショウで味付けすると飼い主さん用になります。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重10キロの子の1食分)

冷凍シーフードミックス 40g
豚挽き肉 20g
赤パプリカ 15g
黄パプリカ 15g
ブロッコリー 40g
マッシュルーム  1個
炊いたごはん 50g
ターメリック 3振り
オリーブオイル 適宜

作り方


1. 野菜をわんちゃんのお口サイズに切る。


2. フライパンにオリーブオイルを熱し、1を炒め、油が回ったところで、豚挽き肉、シーフードミックスを一緒に炒める。


3. 火が通ったら、ターメリックをふり入れ、炊いたごはんを入れよく炒め合わせる。

4. 器に盛り付けて出来上がりです。

ポイント

イカ、エビなどの甲殻類にはチアミナーゼが含まれているので、チアミン(ビタミンB1)の吸収を阻害する働きがあると言われていますが、加熱すれば心配なく与えることができます。甲殻類には、肝臓を強化するタウリンも豊富ですので、食事に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

豚肉には、疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富です。これから暑さに向かい取り入れたい食材です。

ブロッコリーは、ビタミンCがレモンより多く含まれます。スルフォラファン、ルテインなど、多くの抗酸化物質が豊富に含まれており、がん予防の他、目の健康にも役立ちます。

ピーマンの仲間のパプリカには、甘みが多いため、好きな子が多いです。ピーマンの苦手な子には、パプリカを使ってみましょう。ブロッコリーと同様、ビタミンCが豊富で、過剰な活性酸素により傷ついた細胞を修復してくれる働きがあります。

ターメリックには、体の熱を冷ましてイライラを解消してくれる作用や、気血のめぐりをよくしてくれる働きがあります。

暑さに向かう季節、体の肝心要の肝臓を健やかに保っておき、夏を元気に乗り切りましょう。

02.profilephoto

文/上住裕子

ペット食育協会認定上級指導士。人間派の食生活アドバイザー、薬膳インストラクターでもあり、ペットの栄養のみならず飼い主さんの栄養にも精通。2015年7月、テレビ『ペットの王国ワンだランド』にて、篠田麻里子さんにペットの手作りごはんを伝授するなど各メディアで精力的に活動している。簡単!おいしい!楽しい!をモットーに、調理実演付きの講座を開催
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p05.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

愛犬の食いつき抜群な鯛めし【簡単ペットごはん】 (7.29)

  • レシピ-ペットのご飯

ダイエット中でも安心♪スパークリングキウイゼリー【簡単ペットごはん】 (7.15)

  • レシピ-ペットのご飯

食いつき抜群!じゃこ入りチキンナゲット【簡単ペットごはん】 (7.11)

  • レシピ-ペットのご飯

愛犬と食べられる!ふんわり卵ロールサンド (7.6)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る