TOP>ペットのごはん > 愛犬の骨を元気に!ジャコときゅうりの混ぜごはん

  • 女子力で簡単ペットごはん

愛犬の骨を元気に!ジャコときゅうりの混ぜごはん

【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】

飼い主さんがお休みの日に、愛犬と一緒に食べられるごはんを作ってみませんか?獣医師と管理栄養士が一緒に開発した、美味しくて栄養バランスの良いごはんです。

骨を元気に!ジャコときゅうりの混ぜごはん【保存期間:冷蔵4~5日】

カリカリのジャコと刻んだきゅうりを混ぜるだけ!きゅうりは水分が多いので、水分を取りたがらない子におすすめですよ。

【材料(2人分+2㎏犬)】

ジャコときゅうりの混ぜごはん2

ごはん 350g(320g+30g)
ちりめんジャコ(減塩タイプ)15g(13g+2g)
きゅうり 100g(90g+10g)
すりごま 小さじ1(小さじ8/9+1/9)
ごま油 小さじ1(小さじ8/9+1/9)

塩 適量(ヒトのみ)

5㎏犬の分量 10㎏犬の分量
ごはん 75g 150g
ちりめんジャコ 5g 10g
きゅうり 25g 50g
すりごま 小さじ1/4 小さじ1/2
ごま油 小さじ1/4 小さじ1/2

【栄養成分(2kg犬)】

エネルギー62kcal
たんぱく質3.3g
脂質1.8g
糖質6.6g
塩分0g

【作り方】

ジャコときゅうりの混ぜごはん4

1 ちりめんジャコは下茹でしておく。
きゅうりは粗いみじん切りにする。

ジャコときゅうりの混ぜごはん5

2 フライパンにごま油を熱し、茹でたちりめんジャコをカリカリになるまで炒める。

ジャコときゅうりの混ぜごはん6

3 ちりめんジャコが熱いうちにきゅうりと混ぜておく。
Point:ちりめんジャコの熱できゅうりの青臭さが軽減されます。

ジャコときゅうりの混ぜごはん1

4 熱いごはんに③とすりごまを加えてよく混ぜ合わせる。

【犬】1/9程度を取り分けて人肌程度に冷ます。

【人】犬用に取り分けた後、塩で味を整える。

【完成!】

ジャコときゅうりの混ぜごはん3

◎簡単アレンジ◎

冷たいかつおだしをかけると冷製だし茶漬けができます。

人:カリカリに炒めたちりめんジャコときゅうりで作る混ぜごはんです。余りがちなきゅうりの消費にもおすすめの一品です。ちりめんジャコが熱い状態できゅうりと混ぜることで、きゅうりの青臭さがなくなり食べやすくなります。丸ごと食べられるちりめんジャコにはカルシウムの他に、骨の成長に欠かせないビタミンDも豊富に含みます。ちりめんジャコは下茹ですることで塩分を減らすことができるので、小さいお子様用のごはんにもおすすめですよ!

犬:ちりめんジャコときゅうりをご飯に混ぜるだけの簡単混ぜごはんレシピです。ポイントはジャコを一度茹でること、これで塩分を減らすことができます。さらに食感を楽しくする為にごま油でカリカリになるまで炒めると、うまみがご飯に広がりやすくなるのでオススメです。小魚を丸ごと摂取できるちりめんじゃこは、タンパク質、カルシウム、ビタミンDを豊富に含んでいるので栄養たっぷりな上、手に入りやすく、使いやすい食材なので嬉しいですね!

古江加奈子

fp01
パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。
http://parkanimal.jp/

管理栄養士・高月佑果

タカツキ写真
イートムキッチンスタジオ主宰。管理栄養士、調理師。管理栄養士の知識や経験を生かした料理教室を運営。他にも、レシピ開発、商品開発、食事・ダイエット指導等、日々の生活に役立つ食の知識とカラダに優しいレシピを提案している。
https://cookingschool.jp/school/eatomskitchen

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

愛犬の骨を元気に!ジャコときゅうりの混ぜごはん (9.8)

  • レシピ-ペットのご飯

愛犬のダイエットにおすすめ!青魚とキャベツの煮びたし (8.28)

  • レシピ-ペットのご飯

愛犬のダイエットにおすすめ!高野豆腐のホットサンド風 (7.15)

  • レシピ-ペットのご飯

愛犬の美毛ケアに!鮭と豆乳のリゾット (6.18)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る