TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】鰯のオリーブオイル炒め

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鰯のオリーブオイル炒め

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

鰯のオリーブオイル炒め

オリーブオイルでにゃんこの食欲増進!!
オリーブオイルで炒めた鰯の香りが猫ちゃんの食欲をそそります。鰯・鶏ミンチ・うずらの卵と動物性タンパク質の食材を3種類使った贅沢な猫ごはんです。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重4キロの子の1食分)

鰯 50g
鶏ミンチ 20g
オクラ 5g
トマト 5g
レタス  5g
レンコン 5g
うずら卵 1個
玄米(炊いた) 10g
ごま 少々
オリーブオイル  適量

作り方

1. 鰯は3枚におろし小骨を取り細かく切ります。

2. オクラ、トマト、レタスを細かく切り、レンコンをすりおろします。

3. うずらの卵は茹でて殻をむき、細かく切ります。


4. フライパンを火にかけオリーブオイルを適量入れ、1.の鰯を炒めます。


5. 4.のフライパンに鶏ミンチを入れ、火が通ったら、2.のオクラ、トマト、レタス、レンコンを入れ炒めます。


6. ボールに炊いた玄米、ごま、3.のウズラの卵、5.で炒めた食材を入れ混ぜて器に盛り合わせて完成です。

ポイント

鰯は栄養価が高い上に、ヘルシーな食品として健康効果が注目されている食材です。EPAやDHAといった不飽和脂肪酸が、青背の魚の中で最も多く含まれています。これらは血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

EPAやDHAなどの脂肪酸は、非常に酸化されやすいので、酸化を防ぐ働きのあるβ-カロテン、ビタミンEなどの抗酸化ビタミンを含む食材と一緒に摂ることがポイントです。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸の量は、食品のなかでも特に含有率が高く、オレイン酸は酸化しにくい性質があり、ビタミンE、β-カロテンも含まれてい
て、活性酸素の害を防ぐ効能効果が期待できます。酸化されやすい鰯の不飽和脂肪酸(EPAやDHA)の酸化を防ぐ働きがあります。

ごまは、脂肪とタンパク質を多く含み、とくに脂肪分は全体の半分以上を占め、そのほとんどが不飽和脂肪酸です。
ごまのタンパク質は、必須アミノ酸を含む良質のもので、大豆に匹敵する栄養価といわれています。

002

文/新胡博一

ペット食育協会認定指導士。猫(短足が特徴的なマンチカン、ペルシャ猫のチンチラ)のブリーダーでもある。現在は、30匹以上の猫と暮らしており、毎日の猫の食事風景はまるで学校給食のよう。もちろん、手作りごはんを提供している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p84.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

鮭とカリフラワーのホイル焼き【にゃんこの手作りごはん】 (12.21)

  • レシピ-ペットのご飯

クリスマスツリー・ポテト【にゃんこの手作りごはん】 (12.18)

  • レシピ-ペットのご飯

スコッチエッグ&スコッチカリフラ【にゃんこの手作りごはん】 (12.16)

  • レシピ-ペットのご飯

コロコロおいもの牛肉炒め【にゃんこの手作りごはん】 (11.27)

  • レシピ-ペットのご飯

和風ペンネパスタ【にゃんこの手作りごはん】 (11.26)

  • レシピ-ペットのご飯

マッシュルームと鶏ささみの豆乳かぼちゃスープ【にゃんこの手作りごはん】 (11.25)

  • レシピ-ペットのご飯

白菜のしゅうまい【にゃんこの手作りごはん】 (11.23)

  • レシピ-ペットのご飯

鱈の和風トマト煮込み【にゃんこの手作りごはん】 (11.21)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る