TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】枝豆のディップ風 鮭と帆立のせ

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】枝豆のディップ風 鮭と帆立のせ

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

枝豆のディップ風 鮭と帆立のせ

猫でも食べやすいディップ風!
枝豆のおいしい季節です。たっぷりのお湯で、豪快に茹でた枝豆を、愛猫さんにも、お福分けはいかがですか?猫さんにも食べやすいよう、すりつぶして、ディップ風にしました。枝豆をすりつぶす際、鮭を帆立の煮汁を加えて、猫さん好みの香りに仕上げています。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料 (体重4キロの子の1食分)

鮭 40g
帆立貝柱 10g
枝豆 20g
豆腐 15g
トマト(赤・オレンジ) 各5g
パセリ 少々
お水 適宜

作り方

1.枝豆を茹で、さやからはずし、薄皮を取る。


2.鮭、帆立貝柱を食べやすい大きさに切って、煮る。
(煮汁はとっておく)

3.枝豆に、2の煮汁を少しずつ加えながら、 すり鉢ですりつぶし、なめらかにする。


4.3に豆腐を加え、さらにすりつぶす。
(煮汁の量で、お好みのなめやかさにしてください)

5.4を器に盛り、鮭、帆立貝柱、細かく切ったトマト、パセリをのせて出来上がり。

ポイント

鮭に含まれるアスタキサンチンには、強い抗酸化作用があり、がんを抑制する働きがあることが認められています。猫さんに必須をされるタウリンが豊富な帆立。タウリンは、含硫アミノ酸がら合成される成分で、肝臓の機能を高める効果があるだけでなく、交感神経を抑制し、高血圧の予防にも役立ちます。

枝豆は、消化液の分泌を促し、糖質をエネルギーに変換するのを助けてくれるビタミンB1が豊富です。また、たんぱく質の代謝に不可欠なビタミンB6、脂肪の代謝を高めるコリン、余分な脂肪の排出を促すレシチン、脂肪の吸収を抑制するサポニンも豊富ですので、ダイエット中の猫さんにも、おすすめの食材です。

豆腐は、アミノ酸をバランス良く含んだ良質なたんぱく質です。不飽和脂肪酸を多く含むため、コレステロール値を下げる働きもあります。トマトには、活性酸素の除去を助けてくれるリコピンがたっぷりです。クエン酸は、疲労快復に役立ってくれます。

06.profilephoto

文/鈴木美由起

ペット食育協会認定上級指導士。「猫さんと人が、共に快適で、しあわせな暮らし」をコンセプトに、無垢材やオーガニックコットンを使用した猫製品の企画・販売を行なう他、キャットシッター、猫の食のアドバイス、猫との暮らしアドバイスを通じ、猫と、猫と暮らす人の快適生活を提案している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p11.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

鮭とカリフラワーのホイル焼き【にゃんこの手作りごはん】 (12.21)

  • レシピ-ペットのご飯

クリスマスツリー・ポテト【にゃんこの手作りごはん】 (12.18)

  • レシピ-ペットのご飯

スコッチエッグ&スコッチカリフラ【にゃんこの手作りごはん】 (12.16)

  • レシピ-ペットのご飯

コロコロおいもの牛肉炒め【にゃんこの手作りごはん】 (11.27)

  • レシピ-ペットのご飯

和風ペンネパスタ【にゃんこの手作りごはん】 (11.26)

  • レシピ-ペットのご飯

マッシュルームと鶏ささみの豆乳かぼちゃスープ【にゃんこの手作りごはん】 (11.25)

  • レシピ-ペットのご飯

白菜のしゅうまい【にゃんこの手作りごはん】 (11.23)

  • レシピ-ペットのご飯

鱈の和風トマト煮込み【にゃんこの手作りごはん】 (11.21)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る