TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】麺仕立てお芋の炸醤麺(ジャージャー麺)風

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】麺仕立てお芋の炸醤麺(ジャージャー麺)風

PETomorrow(ペットゥモロー)】

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

麺仕立てお芋の炸醤麺(ジャージャー麺)風

01_224

ヘルシーで見た目も楽しいレシピ!
秋は乾燥の季節。 体内での肺・大腸、体表での皮膚・被毛に 関係する食材を選びました。 通常は調味料は不要ですが、 発酵食品の代表”味噌”は腸の冷えに 一役かってくれますし、 同じく発酵食品の”醤油”は素材の味を引き出し、 食欲増進も期待できる事で用いました。 炸醤麺風に仕上げ、 美味しく、ヘルシーな見た目も楽しい レシピです。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重4キロの子の1食分)

さつま芋 20g
ブロッコリー 5g
レタス 2g
牛豚合挽き肉・ 60g
味噌 ひとつまみ
醤油 3滴
ニンニク 極少量
油 小さじ1/2

作り方

1.さつま芋は皮をむき、細切りにしておく

01_225
2.ブロッコリーがみじん切り、レタスは細切りにする

01_226
3.さつま芋を茹でる

01_227
4.フライパンに油とニンニクを入れ、レタス以外を炒める

5.調味料を加え、4と共に器に盛って完成。人肌程度に冷めてから与えましょう

ポイント

麺に見立てたさつま芋は、 デンプンで栄養素を包んでいるため、 熱に強いビタミンCを持ち、 食物繊維も豊富に含まれています。 また、各器官の機能促進、体力増強により、 “気”を補う働きが期待できます。

合挽き肉の牛肉の赤みは、たんぱく質やミネラルが豊富で、身体に吸収されやすいヘム鉄も含まれます。ヘム鉄は、植物に含まれる非ヘム鉄に比べ、吸収率が約7倍もあるので、貧血の子や体が冷たい子に有効な食材です。 また合い挽き肉の豚肉の脂肪には血中コレステロールのみを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸を含み、動脈硬化防止に有益です。

04profilephoto

文/黒沼朋子

ペット食育協会上級指導士・ペット栄養管理士・薬膳講師。”こだわりの優しさをわんこに”をモットーにトリミングサロン「シアン・シアン」を運営中。ペットと家族の絆をより深めてもらえるよう、生活の質の向上・初期段階の手当(予防)に重点を置き、食育もその一つのツールとして講座を展開。各種愛犬家向け雑誌などへレシピの提供・監修・コラム掲載にも携わる。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p08.html

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

鮭とカリフラワーのホイル焼き【にゃんこの手作りごはん】 (12.21)

  • レシピ-ペットのご飯

クリスマスツリー・ポテト【にゃんこの手作りごはん】 (12.18)

  • レシピ-ペットのご飯

スコッチエッグ&スコッチカリフラ【にゃんこの手作りごはん】 (12.16)

  • レシピ-ペットのご飯

コロコロおいもの牛肉炒め【にゃんこの手作りごはん】 (11.27)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る