完全室内飼いでも、猫の気分が天気に左右される理由

  • ooooops!

完全室内飼いでも、猫の気分が天気に左右される理由

晴れの日はhappy、雨の日はどんより。なんで?

猫って、日向ぼっこが大好きですよね。わが家の猫も、1日中日光を追いかけて家の中を移動しています。

午前中は、東向きのリビングの窓辺。

午後は、西向きの寝室のベッドの上。

お日さまさえ当たっていれば本当にご機嫌で、幸せそうにうたた寝をしています。

ところが天気が悪く、お日さまがささない日はものすごく不機嫌。しょんぼり窓の外を眺めていたり、退屈そうに寄ってきたり…。でもわが家の猫は完全室内飼いで、天気なんて関係ないはず。年中エアコンのきいた快適な部屋にいるのに、なぜ外の天気でこんなに気分が左右されるんでしょう?

猫が日向ぼっこを好むのは、祖先が暑い地域で暮らす小動物だったから

猫の祖先であるリビアヤマネコは、半砂漠地帯で暮らしていた小動物です。もともと気温の高い環境で生きていたので、その子孫である現代のイエネコたちも、陽だまりのような暖かい場所を本能的に好み、落ち着くのだろうと考えられています。

また日向ぼっこは単なる趣味や嗜好ではなく、猫の健康とも直結しています。適度な紫外線は皮膚の殺菌になりますし、被毛にこもった水分を蒸発させて細菌の繁殖を防ぎ、皮膚病の予防になります(亀が甲羅干しを好むのも、同じ理由です)。猫がこうした予防効果を自覚していることはないと思いますが、太陽の光を浴びることにはこうした理由による本能的な気持ちよさ、安心感があるのでしょう。

雨の日は狩りができないので、オフモードになる

一方、雨の日はどうでしょう?雨の日にダルそうになる猫は多いのですが、それも砂漠で狩りをして食糧を得ていた祖先からの影響です。雨の日は、食糧となる虫や鳥、小動物は雨を避けて巣にこもりっきりになります。ですから、狩りをしても獲れる確率がうんと低くなるのです。狩りは猫にとって食糧確保のための労働であると同時に、最高の娯楽でもあります。それができないので、雨の日はテンションが下がるのです。

もうひとつ、猫自身も濡れるのが大の苦手なので、雨の日は寝床で眠って体力を温存することが多かったそうです。その結果、雨で日光を浴びることができない日は、体内時計が自然に睡眠モードになります。雨の日に猫がダルそうだったり眠そうだったりするのです。

こうした理由から、雨の日はひたすら眠って体力を温存するタイプの猫もいれば、「狩りができなくてヒマだよ~」と、飼い主に遊びをせがんでくるタイプの猫もいるようです。お宅の愛猫は、どちらのタイプ?

文・桑原恵美子

参考資料/「ニャンでかな?~世界一楽しく猫の気持ちを学ぶ本」(東京猫医療センター院長 服部幸監修/宝島社)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る